メインメニューを開く

地理編集

東京都渋谷区の東部に位置する。町域内は、大半が住宅地となっている。また、明治通り沿いや、恵比寿駅に近い場所はオフィスビル雑居ビルなどが目立ち、商業地となっている。國學院大學など、教育機関も多く設置されている。

地価編集

住宅地の地価は、2017年平成29年)の公示地価によれば、東3-7-11の地点で82万円/m2となっている[4]

歴史編集

地名の由来編集

昭和40年代の住居表示実施以前「東」という町名は渋谷区には存在しなかったが、住居表示実施の際に常磐松町氷川町を合わせ、新たに「東」と命名された。新町名の命名に関して、常磐松町の住民と氷川町の住民が対立したため、「渋谷市街地の東側にある」「恵比寿の東側にある」という理由から、妥協案として提示された「東」が採用された。

沿革編集

世帯数と人口編集

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

丁目 世帯数 人口
東一丁目 1,371世帯 2,143人
東二丁目 1,838世帯 2,866人
東三丁目 1,492世帯 2,277人
東四丁目 606世帯 1,029人
5,307世帯 8,315人

小・中学校の学区編集

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]

丁目 番地 小学校 中学校 調整区域による変更可能校
東一丁目 全域 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾中学校
東二丁目 1~7番
18~23番
25〜26番
27~29番 渋谷区立長谷戸小学校 渋谷区立常磐松小学校
渋谷区立広尾中学校
その他 渋谷区立広尾小学校 渋谷区立広尾中学校
東三丁目 1~16番
その他 渋谷区立長谷戸小学校 渋谷区立鉢山中学校 渋谷区立広尾小学校
渋谷区立広尾中学校
東四丁目 1~10番 渋谷区立常磐松小学校 渋谷区立広尾中学校
その他 渋谷区立広尾小学校 渋谷区立広尾中学校

交通編集

鉄道編集

町域内に鉄道駅はないが、JR東日本山手線および東京メトロ日比谷線恵比寿駅が近隣にある。町域北部では渋谷駅も利用可能である。

バス編集

渋谷と恵比寿から広尾の日赤医療センターまで学バスが出ている。東4丁目という停留所がある。経路に実践女子学園國學院大學青山学院初等部中等部などがある。

学校を回る学バスは、かつては都電の料金の半額であった。現在もなお他のバス路線より安く設定されている。

道路編集

施設編集

 
東京都立広尾高等学校
 
渋谷区立渋谷図書館

本社が所在する企業編集

商業施設編集

関連項目編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 住民基本台帳・外国人登録による人口”. 渋谷区 (2017年12月1日). 2017年12月22日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2019年8月30日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月22日閲覧。
  4. ^ 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  5. ^ 通学区域”. 渋谷区. 2017年12月22日閲覧。

外部リンク編集