メインメニューを開く

松下 和幹(まつした たかよし、1953年1月30日 - )は、日本アーチェリー選手。和歌山県出身。

経歴編集

三菱電機和歌山製作所で旋盤工として働いていた時に技能五輪に出場。集中力を高め技能五輪に役立てるためにアーチェリーを始めた。

モスクワロサンゼルスソウルアトランタシドニー五輪で日本代表に選ばれ、射撃蒲池猛夫、アーチェリーの山本博柔道谷亮子ボート武田大作[1]と並ぶ日本人最多タイの夏季五輪5回代表の記録を持っていた[2](後に馬術杉谷泰造が6回で更新して飛込寺内健も5回となった)。

47歳で出場したシドニー五輪では、日本選手団の最年長選手だった。

2003年4月、全日本アーチェリー連盟に事前の届けを行わずにアメリカの企業のホームページに肖像写真と成績を掲載する契約を結んだことが、所属選手の肖像権管理を定めた規則に違反するとして、1年間の競技者登録停止処分を受けた。

自衛隊体育学校勤務を経て、東京都三和精機勤務。現在は、パラアーチェリー選手のコーチをしている。

主な成績編集

脚注編集

外部リンク編集