メインメニューを開く

松下 洋子(まつした ようこ、1955年1月22日 - )は、広告代理店アサツー ディ・ケイに所属するプロデューサー

目次

概要編集

短大を卒業後、商事会社に就職しOLとして勤務、数年で退職しキティ・フィルムにアルバイトとして採用された。その後、落合茂一プロデューサーに認められ一連の高橋留美子作品(『うる星やつら』末期→『めぞん一刻』→『らんま1/2』)を担当していたが、1992年4月にADKに移籍。それと同時にNAS(日本アドシステムズ)にも所属。『クレヨンしんちゃん』で総合プロデューサーなどを務めた。また、2011年7月3日放送分から『サザエさん』のプロデューサーを務めている。メディア・コンテンツ部門(現:メディア・コンテンツセンター)コンテンツ本部長補佐兼企画開発局長などをつとめたが、2012年1月からはエイケンに出向[1]、2015年から2019年までエイケン常務取締役。

キティ・フィルムでの作品編集

ADK、NASでの作品編集

ADK編集

NAS編集

NAS制作の劇場版作品編集

脚注編集

  1. ^ 2012年1月1日付で企画開発局長の職は三宅将典に交代しており Archived 2012年3月16日, at the Wayback Machine.、またサザエさんでは同年同月からエイケンのプロデューサーとして単独でクレジットされている。