メインメニューを開く

松井 太久郎(まつい たくろう、1887年12月3日 - 1969年6月10日)は、日本陸軍軍人陸士22期陸大29期。最終階級は陸軍中将

松井 太久郎
まつい たくろう
Matsui e sm in Malesia.jpg
1942年、シンガポールにて
生誕 1887年12月3日
日本の旗 日本福岡県
死没 (1969-06-10) 1969年6月10日(81歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1908年 - 1945年
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―中将.svg 中将
テンプレートを表示

経歴編集

福岡県出身。農業・松井勘太郎の三男として生れる。東筑中学校を経て、1910年5月、陸軍士官学校(22期)を卒業し、同年12月、歩兵少尉に任官、歩兵第14連隊付となる。1917年11月、陸軍大学校(29期)を卒業。

以後、1918年8月、第12師団副官としてシベリア出兵に参加。参謀本部員(支那課)、関東軍司令部附、浦塩派遣軍参謀朝鮮軍司令部付(ウラジオストク駐在)、朝鮮軍参謀、欧州出張、陸軍省新聞班、関東軍参謀、陸軍技術本部付、近衛歩兵第2連隊付、大阪連隊区司令官、独立歩兵第12連隊長、支那駐屯軍司令部附(北平特務機関長)、北支那方面軍司令部附、関東軍司令部附(張家口特務機関長)などを歴任し、1937年11月、陸軍少将に進級。

駐蒙兵団司令部付、近衛歩兵第1旅団長、関東軍司令部付(満州国軍最高軍事顧問)などを経て、1940年8月、陸軍中将となった。同年10月、第5師団長に親補され、北部仏印進駐を担当。太平洋戦争では南方に派遣され、マレー作戦シンガポール攻略に従軍した。さらに、支那派遣軍総司令部付(汪政府最高軍事顧問)、支那派遣軍総参謀長、第13軍司令官を勤め、上海で終戦を迎えた。1946年7月、復員。

年譜編集

  • 1908年(明治41年)12月 - 陸軍士官学校入校
  • 1910年(明治43年)
  • 1913年(大正2年)12月9日 - 中尉
  • 1914年(大正3年)12月12日 - 陸軍大学校入校
  • 1917年(大正6年)11月27日 - 陸軍大学校卒業(第29期)
  • 1919年(大正8年)4月 - 参謀本部附
  • 1920年(大正9年)2月13日 - 陸軍大尉・参謀本部支那課員
  • 1921年(大正10年)11月 - 関東軍司令部附
  • 1922年(大正11年)
    • 2月 - 参謀本部員
    • 6月 - 浦塩派遣軍参謀
    • 10月 - 朝鮮軍司令部附
  • 1924年(大正13年)6月 - 参謀本部附
  • 1925年(大正14年)
  • 1927年(昭和2年)7月26日 - 参謀本部員[2]
  • 1929年(昭和4年)8月1日 - 陸軍中佐
  • 1930年(昭和5年)8月1日 - 陸軍技術本部附[3]
  • 1931年(昭和6年)
    • 9月 - 関東軍司令部附
    • 10月5日 - 関東軍第4課長
  • 1932年(昭和7年)
  • 1933年(昭和8年)8月1日 - 陸軍歩兵大佐・大阪連隊区司令官
  • 1935年(昭和10年)
  • 1936年(昭和11年)12月3日 - 支那駐屯軍司令部附(北平特務機関長)
  • 1937年(昭和12年)
  • 1938年(昭和13年)6月10日 - 近衛歩兵第1旅団長
  • 1939年(昭和14年)8月1日 - 関東軍司令部附(満洲国最高軍事顧問)
  • 1940年(昭和15年)
    • 8月1日 - 陸軍中将
    • 10月15日 - 第5師団長
  • 1942年(昭和17年)5月11日 - 支那派遣軍総司令部附(南京政府最高軍事顧問)
  • 1943年(昭和18年)3月18日 - 支那派遣軍総参謀長
  • 1945年(昭和20年)2月1日 - 第13軍司令官
  • 1946年(昭和21年)7月 - 復員

親族編集

脚注編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。