松井 巖(まつい がん、1953年12月13日 - )は、日本検察官裁判官弁護士最高検察庁刑事部長や、横浜地方検察庁検事正福岡高等検察庁検事長等を歴任した。

人物・経歴編集

北海道出身[1]。1972年北海道室蘭栄高等学校卒業[2]。1978年東北大学法学部卒業[1]。1980年最高裁判所司法研修所修了、検察官任官、東京地方検察庁検事。1981年函館地方検察庁検事。1984年水戸地方検察庁土浦支部検事。1986年東京地方検察庁検事。1987年東京地方裁判所判事補。1990年東京地方検察庁検事。1993年前橋地方検察庁三席検事[2]

1995年最高裁判所司法研修所教官、法務省司法試験考査委員(刑事訴訟法)。1997年東京地方検察庁検事。1999年東京地方検察庁特別公判部副部長。2001年東京地方検察庁総務部副部長。2002年東京地方検察庁刑事部副部長。 2003年横浜地方検察庁刑事部長。2005年東京地方検察庁特別公判部長。2006年東京地方検察庁刑事部長。2006年最高検察庁検事。2007年大津地方検察庁検事正。2009年名古屋高等検察庁次席検事[2]

2010年大阪高等検察庁次席検事。2012年最高検察庁刑事部長、最高検察庁金融証券専門委員会座長[2]。2014年横浜地方検察庁検事正[3]。2015年福岡高等検察庁検事長[1]

2016年東京弁護士会弁護士登録、八重洲総合法律事務所入所。2017年オリエントコーポレーション監査役電通労働環境改革に関する独立監督委員会委員長神戸製鋼所不適切行為に係る外部調査委員会委員長[2]。2018年障害者雇用水増し問題検証委員会委員長[4]グローブライド取締役東鉄工業監査役、長瀬産業監査役[5]。2020年電通取締役[6]

脚注編集


先代:
玉井英章
大阪高等検察庁次席検事
2010年 - 2012年
次代:
野々上尚
先代:
幕田英雄
最高検察庁刑事部長
2012年 - 2014年
次代:
八木宏幸
先代:
北村道夫
福岡高等検察庁検事長
2015年 - 2016年
次代:
野々上尚