松井栄一

日本の日本語学者

松井 栄一(まつい しげかず、1926年12月1日 - 2018年12月3日)は、日本国語学者。『日本国語大辞典』第1版と第2版の編纂過程で編集委員として中心的役割を担った。武蔵大学助教授山梨大学教授東京成徳大学教授を歴任。『大日本国語辞典』の編者松井簡治の孫に当たる。父は簡治の子で同辞典に関わった松井驥運輸事務次官を務めた松井和治は弟。俳人大須賀乙字は義理の伯父(父の姉の夫)[1]

人物編集

東京都出身。東京大学国文科卒業。日本最大の国語辞典日本国語大辞典』の編集委員として中心になって編纂を行った。『明治期国語辞書大系』『隠語辞典集成』の編纂にも当たった。「全然」のあとに「ない」が来なければならないという従来の常識を覆した人物でもある。

2018年12月3日、肺炎のため死去。92歳没[2]

著書編集

単著編集

  • 『国語辞典にない言葉 言葉探しの旅の途上で』南雲堂、1983年 ISBN 4523260885
  • 『続 国語辞典にない言葉 ことばの姿さまざま』南雲堂 1985年 ISBN 4523261113
  • 『出逢った日本語・50万語 辞書作り三代の軌跡』小学館、2002年 ISBN 4098400812 ちくま文庫、2013年 ISBN 9784480430908
  • 『「のっぺら坊」と「てるてる坊主」 現代日本語の意外な事実』小学館、2004年 ISBN 4098400898
  • 『国語辞典はこうして作る 理想の辞書をめざして』港の人・新宿書房、2005年 ISBN 4880083461
  • 『ちがいがわかる類語使い分け辞典』小学館、2008年 ISBN 9784095041773
  • 『日本人の知らない 日本一の国語辞典』小学館新書、2014年 ISBN 9784098252046

共著編編集

  • 飛田良文境田稔信共編)『「明治期国語辞書大系」書誌と研究』 大空社 (明治期国語辞書大系 別巻) 2003年
  • (編)『小学館日本語新辞典』小学館 2005年 ISBN 4095011718

参考編集

  • 『現代日本人名録』2002年

脚注編集

  1. ^ 倉島長正「『辞書の家』松井栄一氏ロングインタビュー」、ジャパンナレッジ https://japanknowledge.com/contents/nikkoku/interview01.html
  2. ^ 国語学者の松井栄一氏死去 (時事ドットコム 2018年12月10日) - ウェイバックマシン(2018年12月10日アーカイブ分)

外部リンク編集