松井簡治

日本の国文学者

松井 簡治(まつい かんじ、1863年7月3日文久3年5月18日〉 - 1945年昭和20年〉9月26日)は、明治から昭和にかけて活躍した国語学者。旧姓は宮内。号は刀水、碧湾。下総国銚子(現・千葉県銚子市)出身。父は国学者の宮内嘉雄 [1]

人物・来歴編集

帝国大学特約生教育学科を修了後文科大学国文学科選科に在籍、その後学習院教授、東京高等師範学校教授、東京文理科大学教授を歴任。20年近くかけて国語辞典大日本国語辞典を著し(この辞典には、上田萬年と共著と書かれているが、上田は名を貸しただけで実際は、ほぼ一人で編纂した)、その後修訂を続けた(その遺稿は、孫の松井栄一が編集主幹を務める日本国語大辞典に載せられた)。

著作編集

単著編集

  • 「蜻蛉日記」 『国語国文学講座』 14巻、雄山閣、1935年3月。 NCID BN10136988全国書誌番号:46053816 
  • 『二宮翁夜話抄解説』三省堂、1936年5月。全国書誌番号:21631020 

編集編集

校訂編集

共著編集

記念論文集編集

参考文献編集

  • 『香取群書集成第5巻』(1988年、香取神宮社務所)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 彩流社 2010, p. 124.

外部リンク編集