松倉村(まつくらむら)は、かつて富山県下新川郡にあった

松倉村
廃止日 1952年4月1日
廃止理由 新設合併
魚津町上中島村下中島村
松倉村上野方村下野方村
片貝谷村加積村道下村経田村天神村西布施村 → 魚津市
現在の自治体 魚津市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 富山県
下新川郡
隣接自治体 片貝谷村、上野方村、上中島村
中新川郡東加積村白萩村
松倉村役場
所在地 富山県下新川郡松倉村
 表示 ウィキプロジェクト

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行に伴い下新川郡松倉村、金山谷村、観音堂村、古鹿熊村、鹿熊村、池谷村、室田村、稗畠村、北山村、坪野村、鉢村、河原波村、小菅沼村、虎谷村、大熊村、平椿村、上新川郡大浦村(一部)が合併し、松倉村が発足。
  • 1952年昭和27年)4月1日 - 下新川郡魚津町、上中島村、下中島村、上野方村、下野方村、片貝谷村、加積村、道下村、経田村、天神村、西布施村と合併し、市制施行して魚津市となり消滅。

経済編集

産業編集

農業

耕作地は西北部にあるのみ[1]。他は概ね森林をなす[1]。米を主産する[1]。また用材・木炭を産する[1]。『大日本篤農家名鑑』によれば松倉村の篤農家は、「高縁五郎右衛門、石崎榮次郎、谷口麗造、富川清一郎、富川與三右衛門、清河茂助」などである[2]

名所・旧跡編集

出身・ゆかりのある人物編集

  • 武隈粂次郎(農、材木)[3]
  • 堀田善平(政治家) - 村長[4]

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 『日本地名大辞典 第6巻』5234頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月24日閲覧。
  2. ^ 『大日本篤農家名鑑』498頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2017年1月29日閲覧。
  3. ^ 『富山県壱万円以上実業家資産名鑑と銀行会社便覧 大正11年7月現在』71頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月22日閲覧。
  4. ^ 『下新川郡治政概要』166頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2018年4月22日閲覧。

参考文献編集

  • 大日本篤農家名鑑編纂所編『大日本篤農家名鑑』大日本篤農家名鑑編纂所、1910年。
  • 北日本実業奨励会編『富山県壱万円以上実業家資産名鑑と銀行会社便覧 大正11年7月現在』若越書院、1922年。
  • 『下新川郡治政概要』富山県下新川郡、1926年。
  • 日本書房編『日本地名大辞典 第6巻』日本書房、1938-1939年。
  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目編集