メインメニューを開く

松前 修広(まつまえ ながひろ)は、江戸時代末期の大名蝦夷地松前藩(館藩)最後の(14代)藩主。子爵

 
松前修広
Matsumae Nagahiro.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 慶応元年9月14日1865年11月2日
死没 明治38年(1905年3月26日
改名 勝千代(幼名)、兼広(初名)→修広
墓所 北海道松前郡松前町 大洞山法憧寺
官位 従五位
幕府 江戸幕府
主君 明治天皇
蝦夷松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前徳広、母:内藤正縄娘・光子(寿子)
兄弟 修広敬広
正室本多助実の娘
継室南部利剛の娘・貴子
勝広興広亮広俊広福広

生涯編集

慶応元年(1865年)9月14日、13代藩主・松前徳広の長男として江戸本所横網町別邸で生まれる。幼名は勝千代。明治元年(1868年)10月、榎本武揚ら旧幕府軍に敗れて父と共に最終的に津軽にまで敗走したが、11月に父・徳広が死去したため、明治2年(1869年)1月9日に家督を継ぐ。

明治2年4月、松前藩は新政府に協力して藩兵を出し、4月17日に福山城(松前城)を奪回する。6月24日、版籍奉還により修広は藩知事となり、同時に藩名を舘藩と改称した。8月24日に従五位に叙位する。9月には戊辰戦争における軍功により、新政府から賞典禄2万石を与えられ、3万石の藩知事となった。なお、初名は兼広であったが、明治4年(1871年)7月8日に修広と改名する。7月14日、廃藩置県で藩知事を免職された。

明治10年、証券印紙税則違反で逮捕され、裁判所より罰金を申し渡される[1]

明治17年(1884年)7月、子爵となる。明治24年(1891年)1月、伯爵になることを願うものの、許可されなかった。明治38年(1905年)3月26日に死去。享年41。

栄典編集

脚注編集

  1. ^ 華族の証券印紙税則違反『文明開化. 4 裁判篇』宮武外骨、(半狂堂, 1926)
  2. ^ 『太政官日誌』明治6年、第157号
  3. ^ 『官報』第1943号「叙任及辞令」1889年12月18日。
  4. ^ 『官報』第3746号「叙任及辞令」1895年12月21日。


日本の爵位
先代:
叙爵
子爵
松前松前家初代
1884年 - 1905年
次代:
松前勝広