メインメニューを開く

松前 由広(まつまえ よしひろ)は、江戸時代初期の武士

 
松前由広
時代 江戸時代初期
生誕 文禄3年(1594年
死没 慶長19年12月26日1615年2月13日
改名 綱丸(幼名)→種広(初名)→由広
別名 数馬
松前藩
氏族 松前氏
父母 父:松前慶広
兄弟 盛広喜庭直信室、忠広利広由広
次広景広安広満広下国広季
テンプレートを表示

略歴編集

文禄3年(1594年)、松前慶広の四男として誕生。幼名は数馬。長兄・盛広になかなか嗣子が生まれなかったため、兄の養子に迎えられた。しかし兄に嗣子として公広が生まれると、養子関係を白紙に戻されている。

このような経緯から、父や兄とは仲が悪かったらしく、また甥の公広とも常に反目していたといわれる。慶長19年(1614年)に大坂冬の陣が始まると、父・慶広から豊臣氏に内通したとの嫌疑をかけられ、討伐の命を受けた工藤祐種により12月26日に殺害された。享年22。