松前 章広(まつまえ あきひろ)は、江戸時代中期から後期にかけての大名蝦夷地松前藩9代藩主。官位従五位下若狭守

 
松前章広
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 安永4年7月30日1775年8月25日
死没 天保4年9月25日1833年11月6日
改名 勇之介(幼名)、敷広(初名)、章広
戒名 霊照院殿復州性馨大居士
官位 従五位下若狭守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
蝦夷松前藩主、陸奥梁川藩主、蝦夷松前藩主
氏族 松前氏
父母 松前道広、平田氏
兄弟 章広、男子、蠣崎広匡、竹子、増子、
女子、杉村治義広純、幸之助、連之助、澄子、岩子、琴子
笠原紋十郎
市之助、染子、欣子、見広、久之助、
伊勢子、初子、朗子、成子、聿子、重広広経崇広
友子
テンプレートを表示

生涯編集

安永4年(1775年)、8代藩主・松前道広の長男として誕生。寛政4年(1792年)10月28日、父・道広の隠居により、家督を継ぐ。同年11月11日、11代将軍・徳川家斉にお目見え、従五位下若狭守に叙任する。

寛政11年(1799年)3月21日、東蝦夷地を幕府に一時的に没収された。それに伴い、武蔵国埼玉郡内に5千石を与えられた。享和元年(1801年)7月21日、幕府は東蝦夷地支配の永続化を決定し、武蔵国内の領地5千石も収公、毎年3500両を支給することにした。文化4年(1807年)3月12日に所領を西蝦夷地から陸奥国伊達郡梁川藩に9千石で移封された。文政4年(1821年)12月4日に旧領に復した。

復領は、ロシアからの脅威が低くなったという名目で行われたが、内実は父・道広の伝手から将軍・徳川家斉の父・一橋治済に接近、老中水野忠成への莫大な賄賂攻勢を行い、家斉に請願した結果であることが、「水戸烈公上書」や「藤田東湖見聞偶筆」に記されている[1]天保2年(1831年)、1万石に復す。

天保4年(1833年)、死去。享年59。文政10年(1827年)に次男・見広が死去したため、家督は見広の長男・良広が継いだ。

系譜編集

出典編集