メインメニューを開く

松原大典

日本の男性声優

出演編集

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ編集

2005年
2006年
2007年
  • 逆境無頼カイジ(参加者B、男B、北見の仲間A、乗客、8番、西田)
  • ゲゲゲの鬼太郎(第5作)(2007年 - 2009年、職員、大学生、所員、社員)
  • 灼眼のシャナII(Second)(“駆掠の礫”カシャ)
  • 精霊の守り人(相手役B)
  • DARKER THAN BLACK -黒の契約者-(コックA)
  • 魔人探偵脳噛ネウロ(スタッフ、警官)
  • モノノ怪 「化猫」(市民)
  • レ・ミゼラブル 少女コゼット(フイイ、警察官)
  • ONE PIECE(2007年 - 、兵士、海賊、トビウオライダー、スタッフ、天竜人、将校、海兵、看守、島民、部下、監視員、囚人、獄卒、男形、ラビッツ、少将、ニューカマー、オカマ、酔っ払い、ナミュール、山賊、住人、ポルシェーミ部下、ならず者、幹部、警備員、貴族、村人、ヒヒ、学者、革命戦士、ロー部下、盗人、魚人、魚人海賊、住民、住人、トガレ、手下、クルー、砲撃部隊、ゴタウロス、シーザーの部下、ガスマスク兵、ケンタウロス、黒手袋、クロオビペンギン、観客、おもちゃ男、選手、参加者、警備兵、部下)
2008年
2009年
2010年
2012年
2013年
2014年
2015年

OVA編集

2006年
2008年
2011年

劇場アニメ編集

2007年
2008年
2009年
2011年
2012年
2016年

Webアニメ編集

2014年

ゲーム編集

2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2019年
  • 無双OROCHI 3 Ultimate(楊戩[12]

ドラマCD編集

ラジオ・トークCD編集

  • 12人の優しい殺し屋「INTRODUCTION」(飛鳥勇気)
  • ラブレボ!! 〜乙女的恋革命★ラジオCD(トラ、アイテムショップ店員)

ラジオ編集

  • Girls-Style Luv Radio(ポッドキャスト:2007年4月13日 - 2008年2月29日)※アシスタント
  • ラヴラジ!(ラブ・レコーズ:2008年4月 - 2009年8月25日)※菅沼久義と共にパーソナリティを務める
  • だいすけ乙女チャンネル(funラジオ:2014年5月7日 - 2015年3月25日)※アシスタント

デジタルコミック編集

その他編集

  • INAX presentsおつきあいセッションatサテライトプラス ランチタイム・ミュージック・トリーツ(2006年10月 - 12月毎週金曜日)
  • 声優チャット
  • 映画公開記念「怪盗グルーのミニオン大脱走」がもっと楽しくなる秘密を大公開SP(ナレーター)
  • 映画『グリンチ』公開記念!世界一愛される 超ひねくれ者が100倍おもしろくなる!SP(ナレーター)

携帯コンテンツ編集

  • 12人の優しい殺し屋(飛鳥勇気)
  • マージナルプリンス2 〜色とりどりの花束を〜(ケイ)
  • 大和彼氏(千歳冬馬)

イベント編集

脚注編集

  1. ^ 松原大典 (painfield3) on Twitter”. Twitter. 2011年10月4日閲覧。
  2. ^ キャスト”. TVアニメ エスカ&ロジーのアトリエ 〜黄昏の空の錬金術士〜. 2014年1月30日閲覧。
  3. ^ 戦場のヴァルキュリア3 誰がための銃瘡”. メディア芸術データベース. 2016年12月4日閲覧。
  4. ^ 『電撃PlayStation』Vol.543、アスキー・メディアワークス、2013年5月30日。
  5. ^ 電撃PlayStation』Vol.542、アスキー・メディアワークス、2013年5月16日。
  6. ^ 『ジョジョ ASB』発売前夜イベントで展示された出演声優のサイン色紙86枚を総まとめ!”. ファミ通.com (2013年8月29日). 2013年12月5日閲覧。
  7. ^ B's-LOG2013年4月号』、エンターブレイン、2013年2月。
  8. ^ 電撃PlayStation』Vol.566、アスキー・メディアワークス、2014年5月15日。
  9. ^ 電撃PlayStation』Vol.564、アスキー・メディアワークス、2014年4月24日。
  10. ^ キャラクター”. エスカ&ロジーのアトリエ Plus 〜黄昏の空の錬金術士〜. 2014年12月1日閲覧。
  11. ^ キャラクター”. PS Vita版 乙女理論とその周辺 -Bon Voyage-. dramatic create. 2016年8月10日閲覧。
  12. ^ 週刊ファミ通』2019年10月31日号、KADOKAWA、2019年10月17日。

外部リンク編集