松原 宏(まつばら ひろし、1956年 - )は、日本地理学者。専門は、経済地理学東京大学大学院総合文化研究科教授日本地理学会会長。

人物編集

おもに立地論による産業集積の理論的研究に取り組む一方で、都市経済地理学工業地理学の分野で実証的研究に取り組んでいる。国際比較研究や、地域経済産業政策、国土政策に関わる発言も行なっている[1][2]

経歴編集

神奈川県出身[3]1979年横浜国立大学教育学部卒業[3]1985年、東京大学大学院理学系研究科博士課程地理学専門課程修了[3]、「民間デベロッパーの都市開発と大都市形成」で東京大学より理学博士を取得[4]

1985年西南学院大学経済学部講師、のち、助教授、教授へ昇任[3]1997年、東京大学大学院総合文化研究科助教授、のち2007年に教授[3]

2008年日本地理学会優秀賞受賞(著作『経済地理学』)[3][5]

2018年、日本地理学会理事長[6]。2020年より日本地理学会の会長を務めている[7]

おもな著書編集

単著編集

編著編集

出典編集

  1. ^ 教員 松原宏”. 東京大学人文地理学教室. 2013年1月10日閲覧。
  2. ^ 松原宏 (2008年2月22日). “日本における地域イノベーションの可能性と課題 (PDF)”. 独立行政法人経済産業研究所. 2013年1月10日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Read & Researchmap 松原宏”. 独立行政法人科学技術振興機構. 2013年1月10日閲覧。
  4. ^ 民間デベロッパーの都市開発と大都市形成 松原宏”. 国立国会図書館. 2013年1月10日閲覧。
  5. ^ 日本地理学会賞受賞候補者選考委員会 2007年度活動報告”. 日本地理学会. 2013年1月10日閲覧。
  6. ^ 「最新テーマを議論 和大で県内初の地理学会」わかやま新報
  7. ^ 日本地理学会 » 会長のあいさつ”. 日本地理学会. 2020年8月12日閲覧。

外部リンク編集

先代:
村山祐司
日本地理学会理事長
2018年 - 2020年
次代:
小口高
先代:
村山祐司
日本地理学会会長
2020年 -
次代:
現職