メインメニューを開く

松原 新一(まつばら しんいち、1940年1月22日 - 2013年8月13日)は、文芸評論家久留米大学文学部名誉教授。本名・江頭肇(えがしら はじめ)。

兵庫県神戸市生まれ。京都大学教育学部卒。1964年、「亀井勝一郎論」で第7回群像新人文学賞評論部門受賞。1993年久留米大学教授。2010年定年、名誉教授。左翼的な立場にたち、内向の世代論争では内向の世代の自閉を批判した。

2013年8月13日、膵臓癌のため福岡県久留米市の病院で死去。73歳没[1]

長女は脚本家の江頭美智留

来歴・人物編集

大阪文学学校チューター、神戸大学教育学部助教授を経て、2010年まで久留米大学文学部教授。

1993年から96年まで読売新聞で文藝時評を担当した[2]

初期の富島健夫批判者として知られる[3]

著書編集

  • 『沈黙の思想』講談社 1966
  • 大江健三郎の世界』講談社 1967
  • 『文学的勇気』洛神書房 1969
  • 武田泰淳論』審美社 1970 (戦後作家論叢書)
  • 『転向の論理』講談社 1970
  • 『文学 荒野を幻視するもの』サンリオ出版 1973
  • 『さすらいびとの思想 人としてどう生きるか』学習研究社 1973
  • 『「愚者」の文学』冬樹社 1974
  • 『怠惰の逆説 広津和郎の人生と文学』講談社 1998
  • 『幻影のコンミューン 「サークル村」を検証する』創言社 2001

共編著編集

  • 『戦後日本文学史・年表』講談社、1979年8月(磯田光一秋山駿と共著)
  • 『原点が存在する 谷川雁詩文集』編集 講談社文芸文庫 2009年11月
  • 『70年代の金時鐘論 日本語を生きる金時鐘とわれらの日々』倉橋健一共著 砂子屋書房 2010
  • 丸山豊の声 輝く泥土の国から』編著 弦書房 2012

脚注編集

  1. ^ “文芸評論家・松原新一さん死去”. 朝日新聞デジタル. (2013年8月13日). http://www.asahi.com/obituaries/update/0813/SEB201308130018.html 2013年11月27日閲覧。 
  2. ^ “戦後文藝時評小史”. 猫を償うに猫をもってせよ. http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20100111 2018年6月24日閲覧。 
  3. ^ Junia to kanno no kyosho tomishima takeo den.. Arakawa, Yoshihiro., 荒川, 佳洋. 河出書房新社. (2017.1). ISBN 9784309025414. OCLC 1006952857. https://www.worldcat.org/oclc/1006952857.