松原洋子

日本の科学史家

松原 洋子(まつばら ようこ、1958年 - )は、日本の科学史家。立命館大学副学長、立命館大学大学院先端総合学術研究科教授[1]。専門は、科学史・医学史、生命倫理、科学技術社会論。

来歴編集

東京都生まれ。筑波大学第二学群生物学類卒業した後に、東京大学大学院理学系研究科修士課程を修了。その後、お茶の水女子大学人間文化研究科博士課程修了。お茶の水女子大学大学院助手、三菱化学生命科学研究所特別研究員、立命館大学産業社会学部教授を経て現職。

著書編集

共著編集

脚注編集

  1. ^ 松原洋子 - researchmap