松原 耕二(まつばら こうじ、1960年8月12日 - )は、日本ニュースキャスター作家。元TBSテレビ報道局記者。

松原 耕二
(まつばら こうじ)
生誕 (1960-08-12) 1960年8月12日(60歳)
日本の旗 日本山口県
教育早稲田大学政治経済学部
職業TBSフリーランス
活動期間1984年 -
代表経歴

経歴編集

1960年に山口県下関市で生まれ、1979年に福岡県立修猷館高等学校を卒業する[1][2]1984年早稲田大学政治経済学部を卒業後、東京放送(現:TBSホールディングス)に入社し、報道局社会部記者となる。

1989年に『筑紫哲也 NEWS23』の立ち上げにディレクターとして参加し、1991年には朝のニュース番組『JNNニュースコール』のニュースキャスターに就任した。1992年から1995年まで『JNN報道特集』ディレクターを務めたのち、報道局経済部記者を経て、1997年に前任の報道局政経部(現在の報道局政治部)記者・杉尾秀哉の後任で夕方のニュース番組『JNNニュースの森』平日版の3代目メインキャスターに就任する。この間 報道記者・門脇利枝キャスター、進藤晶子アナウンサー(当時)、小川知子アナウンサーとコンビを組んだ。(但し 小川アナウンサーとは06カ月間コンビを組んだ。) 2001年にメインキャスターを退任して『JNNニュースの森』編集長に前任の杉尾秀哉と入れ違いで就任、3年間在籍した。(後任のメインキャスターは前任の杉尾秀哉にバトンタッチ) 2004年にはJNNニューヨーク支局長に就任した。(4年間在籍)

2008年に帰国してからは、報道局プロデューサーとして『サンデーモーニング』や『サタデーずばッと』を担当する。2010年から2012年3月までは夜のニュース番組『NEWS23X』のメインキャスターを担当した。

2011年、初の長編小説『ここを出ろ、そして生きろ』(新潮社)を刊行し、作家としてデビューを果たす。2012年に報道局解説委員に就任し、2013年にはBS-TBSのスペシャルコレスポンデント(特派記者)に就任する。さらに同年、小説家として第2作目となる報道局を舞台とするインタビューをめぐる長編小説『ハードトーク』(新潮社)を刊行した。

2014年、制作したドキュメンタリー『フェンス〜分断される島・沖縄』で第40回放送文化基金賞優秀賞を受賞する。2015年、BS-TBSの報道番組『週刊報道LIFE』のメインキャスターに就任した。

2018年10月、BS-TBSの大型報道番組『報道1930』のメインキャスターに就任した。

2020年8月31日、TBSを定年退職した。なお、引き続き『報道1930』『サンデーモーニング』の出演は続けるとしている[3]

2021年4月、2021年度の橋田賞を受賞した。直後に橋田壽賀子氏の訃報に接することになる[4]

実績編集

  • 一連の取材などの実績は、糸井重里主宰のウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』のコラム『ぼくは見ておこう』、並びに人物ノンフィクション『勝者もなく、敗者もなく』(幻冬舎)に詳しい。

主な取材編集

  • 【報道局社会部記者】 時代

日本航空123便墜落事故国鉄分割民営化イトマン事件などを担当。

  • 『筑紫哲也NEWS23』時代

臓器移植脳死をテーマにアメリカで現地取材をしたほか、ベルリンの壁開放から1年後の現地取材を行う。

  • 『JNN 報道特集』時代

ブラジルで開かれた『環境と開発に関する国際連合会議(地球環境サミット)』を現地取材。また、モルディブの海面上昇や、バングラデシュの人口問題でグラミン銀行を取材するなど地球環境問題の番組を制作。その他、シリーズ『日本の落日』、バブル崩壊ビル・ゲイツ密着や、ビル・クリントン政権の情報スーパーハイウェイ戦略などを取材。ヘッジファンド取材でアメリカ、アジアヨーロッパを取材し、デリバティブレバレッジなど投機マネーの危険性にいち早く警鐘を鳴らした。

  • 【報道局経済部記者】 時代

ソフトバンク社長の孫正義に密着。役員会に初めてカメラを入れたほか、アメリカでの企業買収現場に立ち会い、1時間の番組として『JNN報道特集』で放送。孫社長の幼少時代も取材して、その原点に迫った。その内容については、2001年に出版した人物ノンフィクション『勝者もなく、敗者もなく』にも詳しい。また、この時代、麻原彰晃逮捕の際は早朝から移送までの8時間にわたる緊急特別番組のプロデューサーを務める。その他、阪神大震災では1ヶ月にわたって現地取材を敢行する。

ベルリンの壁開放10年目には現地からリポート、更には長野五輪和歌山毒物カレー事件沖縄サミットアメリカ同時多発テロ事件などを現地取材した。

  • 【JNN ニューヨーク支局長】 時代

2004年アメリカ合衆国大統領選挙を取材。民主党大会では、当時はまだ無名だったバラク・オバマの歴史的演説に立ち会う。国連イラク戦争の帰還兵、アメリカのキリスト教右派移民問題、キューバなどを取材。

  • NEWS23X』メインキャスター時代

官房機密費問題で、元内閣官房長官野中広務から官房機密費が国会対策などに使われていたことや具体的な金額などを引き出す。さらに民主党代表選国連総会沖縄の基地問題などを現地取材。2011年3月11日の東日本大震災以後は、被災地での取材、特に東京電力福島第一原子力発電所事故の現地取材を精力的に続けている。事故から1か月後に報道番組のキャスターとしてはただ一人、原発から10キロ圏内の警戒区域放射線防護服で取材を敢行(その後、2012年3月に「報道特集」の金平茂紀キャスターが警戒区域から生中継をしている)。

  • 2013年4月からはBS-TBSのスペシャルコレスポンデント(特派記者)として、国内外を取材。アメリカのシェールガス革命や、急成長するアフリカインド人学生の世界争奪戦、沖縄の基地問題、東シナ海の哨戒活動、武器輸出問題などを現地取材している。

主なインタビュー・対談編集

  • 『JNNニュースの森』の3代目メインキャスター時代

1998年の第18回参議院議員通常選挙では当時の内閣総理大臣橋本龍太郎から辞任を引き出すインタビューを生中継で行う。この選挙番組はギャラクシー月間賞を受賞。さらには吉田都佐渡裕リチャード・ブランソンなど多くの著名人にインタビューを行った。

  • 【JNN ニューヨーク支局長】時代

2005年キューバのフィデル・カストロ議長へのインタビューに成功。また元NY市長で、大統領選の共和党候補だったルドルフ・ジュリアーニに単独インタビュー。さらにはダン・ラザー、テッド・コッペル、ウォルター・クロンカイトらメディア関係者にもインタビュー。

  • 『NEWS23X』メインキャスター時代

官房機密費をめぐって、元内閣官房長官野中広務に単独インタビュー。当時マフムード・アフマディーネジャードイラン大統領潘基文国際連合事務総長にも単独インタビュー。2010年9月民主党代表選挙では、候補者である小沢一郎菅直人が連日単独生出演し、インタビュアーを務める。さらにその年の第22回参議院議員通常選挙の前には番組内で党首討論を放送し、その司会を務めた。また、この時代、番組内で前サッカー日本代表監督アルベルト・ザッケローニ北島康介李忠成宮本亜門坂東玉三郎乙武洋匡などのスポーツ選手、芸術家や文化人へのインタビューも行った。

  • 【BS-TBSスペシャルコレスポンデント】時代

81歳になる谷川俊太郎、作家の姫野カオルコ外岡秀俊(現在のペンネームは中原清一郎)、女優の沢尻エリカ、音楽家の大友良英にインタビューしている。

主なドキュメンタリー作品編集

  • 筑紫哲也 明日への伝言~残日録をたどる旅』(2013年1月、BS-TBS)
2時間ドキュメンタリー。インタビュアーとして参加。
久米宏井上陽水瀬戸内寂聴樹木希林立花隆田原総一朗鳥越俊太郎福田康夫、菅直人、筑紫房子、松山幸雄、岡留安則など、数多くのゆかりの人々や関係者へのインタビューを通して、メディアの有り様を問いかけた。
  • 『フェンス~分断された島・沖縄』(2013年12月、BS-TBS)
2時間ドキュメンタリー。取材者として参加。
沖縄の様々な人々の話に耳を傾けたほか、アメリカ海兵隊の訓練や兵士たちの思いを克明に取材。沖縄の基地問題をフェンスの内側と外側から見つめた。第40回の放送文化基金賞優秀賞を受賞。
  • 『福島で踊ろう〜音楽家・大友良英の帰郷』(2014年9月、BS-TBS)
1時間のドキュメンタリー。福島が嫌いだったという大友良英が震災を機に故郷のために奔走する姿を追った。

著書編集

小説編集

  • 『ハードトーク』(新潮社
  • 『ここを出ろ、そして生きろ』(新潮社)

ノンフィクション・コラム編集

出演番組編集

現在の出演番組編集

過去の主な出演番組編集

レギュラー番組編集

特別番組編集

脚注編集

  1. ^ 後輩にTBSでも部下にあたるアナウンサーの喜入友浩と系列局・中国放送アナウンサーの中根夕希 (早稲田大学政治経済学部でも後輩にあたる) がいる。
  2. ^ 東京修猷会 第498回二木会(2002年11月14日(木))
  3. ^ 松原耕二 Twitter - 2020年9月1日
  4. ^ 松原耕二 Twitter - 2021年4月6日
  5. ^ 岸井成格(元毎日新聞主筆)の病気休養に伴い、パネリストとして不定期出演を開始した。また、2018年2月4日には関口宏の休演により進行を代行した。
  6. ^ ゴールデンタイムで5時間に及ぶ報道特別番組を5日間連続で放送。

外部リンク編集

先代:
-
NEWS23Xメインキャスター
初代
2010年3月29日 - 2012年3月23日
次代:
膳場貴子
(2012年3月26日 - )