メインメニューを開く

松室 敦子(まつむろ あつこ、? - 延享3年11月9日1746年12月20日))は江戸時代の女性。霊元天皇後宮で、有栖川宮職仁親王吉子内親王ら2男1女の母。

父は備中介松室重敦、母は杉山久衛門の女。岩倉乗具の猶子。出仕名は柏木・伊勢・右衛門佐局。

正徳3年(1713年)9月頃までには霊元天皇に出仕していたとみられる。正徳5年(1715年)5月9日に院御所中臈となり、右衛門佐局の名を賜る。

延享3年(1746年)に薨去。墓所は東山妙法院領山内地蔵山。