メインメニューを開く

松家 仁之(まついえ まさし、1958年12月5日 - )は、日本小説家編集者慶應義塾大学総合政策学部特別招聘教授。株式会社つるとはな取締役[1]

来歴・人物編集

東京都生まれ。1979年早稲田大学第一文学部在学中に『夜の樹』で第48回文學界新人賞佳作に選ばれ[2]、『文學界』にてデビュー。卒業後の1982年新潮社に入社。1998年、海外文学シリーズ「新潮クレスト・ブックス」創刊。2002年、季刊総合誌『考える人』を創刊、編集長となる。2006年より「芸術新潮」編集長を兼務し、2010年6月退職[3]2009年より慶應義塾大学総合政策学部特別招聘教授(2014年春まで)[4]2012年、『新潮』7月号に長篇『火山のふもとで』を発表し、小説家として再デビュー。第34回野間文芸新人賞候補に挙がる。2013年、同作により第64回読売文学賞受賞。

2013年12月、『沈むフランシス』が「キノベス!2014」第4位に選ばれた。[5]

2018年、『光の犬』で芸術選奨文部科学大臣賞及び河合隼雄物語賞受賞。

著書編集

  • 『火山のふもとで』(2012年9月 新潮社)
  • 『沈むフランシス』(2013年9月 新潮社)
  • 『優雅なのかどうか、わからない』(2014年8月 マガジンハウス
  • 『光の犬』(2017年10月 新潮社)

共著編集

編著編集

  • 『伊丹十三の本』(2005年4月、新潮社「考える人」編集部編)
  • 『美しい子ども』編(2013年、新潮社、新潮クレスト・ブックス短篇小説ベスト・コレクション)
アンソニー・ドーア,ジュンパ・ラヒリ,ナム・リー,リュドミラ・ウリツカヤ,ミランダ・ジュライ,クレメンス・マイヤー, ディミトリ・フェルフルスト,ウェルズ・タワー, ネイサン・イングランダー,ベルンハルト・シュリンク,アリス・マンロー

脚注編集