松富久亭(笑福亭) 松竹(しょうふくてい しょちく)は、上方落語名跡笑福亭一門の祖である。4代目の死後は、空き名跡となっている。

現在の所、初代松竹の生没年・詳細等は一切残されておらず、実在についても不明。しかし、安政年間(1854年~1860年)には、門下に初代笑福亭吾竹初代笑福亭松鶴が登場する。共に亭号を「松富久亭」から「笑福亭」に改めた。2代目以降は笑福亭松竹となるが、便宜上、この項で一括して扱う。

大阪では「学校」を「がっこ」と読むなど母音を省略するのが一般的で、この松竹も「しょうちく」ではなく「しょちく」と読むのが正式な読み方である。

初代編集

初代 松富久亭松竹生没年不詳)は、笑福亭の祖。

千両蜜柑』『松竹梅』『初天神』『猫の忠信』『立ち切れ線香』などの作者と伝える。初代桂文枝門下から、分家していった。

2代目編集

2代目 笑福亭松竹1842年10月15日 - 1923年7月2日)は、後の初代桂文之助2世曽呂利新左衛門。本名: 猪里重次郎。享年81。

3代目編集

3代目 笑福亭松竹1868年 - 1942年8月20日)は、後の4代目笑福亭松鶴。本名: 森村米吉。享年74。

4代目編集

4代目 笑福亭しょうふくてい 松竹しょちく
本名 瀬尾 伝治郎
生年月日 1892年
没年月日 不詳年
出身地   日本
師匠 4代目笑福亭松鶴
名跡 1. 初代笑福亭鶴光(? - 1930年)
2. 4代目笑福亭松竹(1930年 - ?)
活動内容 上方落語
所属 吉本興業

4代目 笑福亭松竹1892年 - 没年不詳・昭和中期)は、本名: 瀬尾伝治郎(昌平の諸説あり)。享年不詳。

4代目笑福亭松鶴の門下で、初代鶴光を名乗る。後に所属の吉本興業を離れ、地道に活動を続ける。1930年に4代目松竹を襲名。その後はラジオに時々出演するのみで、活動実態はほとんどなかった模様である。

5代目笑福亭松鶴主催の「楽語荘」が始まると、真っ先に参加した。戦時中は木炭商を営む一方、慰問団の結成や、陸軍病院の巡回などの活動により、表彰されている。

戦後も、1950年頃までは特別な会に時々出ては、珍しいネタ『十日戎』『大和橋』などをやっていたという。特に『宿屋仇』を得意としていた。

笑福亭松竹(まったけ)編集

笑福亭しょうふくてい 松竹まったけ
 
五枚笹は、笑福亭一門の定紋である。
本名 中埜 浩三
生年月日 1951年
出身地   日本
師匠 6代目笑福亭松鶴
活動期間 1974年 - 1978年
活動内容 上方落語

6代目笑福亭松鶴の門下。松竹は「まったけ」と読む。そのため代数に数えることはない。本名: 中埜浩三。

1951年の生まれ、大阪府立三国丘高等学校卒業。1974年3月に入門、梅田のトップホットシアター寄席にて初舞台。しかし1978年3月には廃業した。

廃業後も他の弟子と僅かながら交流があり、2011年笑福亭小つる6代目笑福亭枝鶴を襲名した際には、大師匠にあたる5代目松鶴編集の「上方はなし」をプレゼントしに楽屋にやってきている。

出典編集

関連項目編集