メインメニューを開く

松尾 信是(まつお のぶこれ)は、戦国時代武将甲斐国武田氏の一族。

 
松尾信是
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 元亀2年3月10日1571年4月4日
改名 源十郎
戒名 月山宗盛居士
官位 民部少輔
主君 武田信玄
氏族 武田氏松尾氏
父母 父:武田信虎、母:松尾信賢
養父:松尾信賢
兄弟 武田竹松武田信玄武田犬千代
武田信繁、信基(信友?)、武田信廉
武田信顕一条信龍武田宗智信是
河窪信実武田信友武田勝虎定恵院
南松院殿穴山信友正室)、禰々
花光院(浦野氏室)、
亀御料人大井信為正室)、下条信氏正室、禰津神平元直の長男)室、葛山氏室、
菊御料人菊亭晴季室)
河窪信俊
養子:河窪信俊
テンプレートを表示

略歴編集

甲斐の戦国大名武田信虎の五男(七男とする説もある[1])、信玄の異母弟として生まれる。生母が信虎の叔父・松尾信賢の娘であった由縁により、無嗣であった信賢の養子となって同家を相続する[1]山梨郡松尾郷(山梨県甲州市塩山小屋敷)に住し、秩父口方面を守備した。同母兄弟に宗智下条信氏正室がいる[1]

信玄の信任は厚かったらしく、信玄の出家前から史料で活動が確認されており[1]永禄8年(1565年)の時点で、武田一族の中では信玄の嫡男・義信の次席に遇されていたが、元亀2年(1571年)3月10日に死去した[1]。家督・遺領は甥の河窪信俊河窪信実の嫡子)が信是の遺女と結婚して相続した[1]

脚注編集

註釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f 柴辻俊六 著『武田信虎のすべて』新人物往来社、2007年、p.39

参考文献編集

書籍
史料