メインメニューを開く

松尾 剛次(まつお けんじ、1954年2月14日[1] - )は、日本中世史学者、仏教史学者。山形大学名誉教授[2]。山形大学都市・地域学研究所名誉所長[3]。官僧・遁世僧研究を基点に、中世日本宗教史の見直しを行なっている。

目次

来歴・人物編集

長崎県南高来郡愛野町(現・雲仙市)に生まれる。東京大学文学部卒業[1]、1981年東京大学大学院人文科学研究科博士課程中退、同年山形大学講師。助教授を経て教授。2019年3月に退官[4]。1994年「鎌倉新仏教の宗教史学的考察」で東京大学文学博士。山形大学都市・地域学研究所所長を兼務した。日本仏教綜合研究学会初代会長でもあった。

著書編集

  • 鎌倉新仏教の成立 入門儀礼と祖師神話』 吉川弘文館「中世史研究選書」、1988年、増訂版1998年
  • 『中世都市鎌倉の風景』 吉川弘文館、1993年
  • 『勧進と破戒の中世史 中世仏教の実相』 吉川弘文館、1995年 - 論考集
  • 『鎌倉新仏教の誕生 勧進・穢れ・破戒の中世』 講談社現代新書、1995年
  • 『救済の思想 叡尊教団と鎌倉新仏教』 角川書店〈角川選書〉、1996年
  • 『中世都市鎌倉を歩く 源頼朝から上杉謙信まで』 中公新書、1997年
  • 『中世の都市と非人』 法蔵館、1998年 - 論考集
  • 『仏教入門』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、1999年
    • 中国語訳版 『佛教入門』(張傑訳、山形大学出版会、2016年)
  • 太平記 鎮魂と救済の史書』 中公新書、2001年
  • 『「お坊さん」の日本史』 日本放送出版協会〈生活人新書〉、2002年 。韓国語訳版(2005年)
  • 『日本中世の禅と律』 吉川弘文館、2003年 - 論考集
  • 忍性 慈悲ニ過ギタ』 ミネルヴァ書房日本評伝選〉、2004年
  • 『鎌倉古寺を歩く 宗教都市の風景』 吉川弘文館[歴史文化ライブラリー]、2005年
  • 『破戒と男色の仏教史』 平凡社新書、2008年
  • 『山をおりた親鸞 都をすてた道元 中世の都市と遁世』 法蔵館、2009年
  • 『中世律宗と死の文化』 吉川弘文館、2010年 - 論考集
  • 『親鸞再考 僧にあらず、俗にあらず』 日本放送出版協会NHKブックス]、2010年
  • 『葬式仏教の誕生 中世の仏教革命』 平凡社新書、2011年
  • 『知られざる親鸞』 平凡社新書、2012年
  • 『家康に天下を獲らせた男 最上義光柏書房、2016年
  • 『中世叡尊教団の全国的展開』 法蔵館、2017年 - 論考集
  • 『鎌倉新仏教論と叡尊教団』 法蔵館、2019年 - 論考集

編著・共著編集

  • 『日本の名僧10 持戒の聖者叡尊・忍性』(編著)、吉川弘文館、2004年
  • 『日本社会における仏と神』(速水侑共編著)、吉川弘文館、2006年
  • 『思想の身体 戒の巻』(共編著)、春秋社、2006年
  • 『仏教用語の基礎知識』(共著)、角川書店〈角川選書〉、2000年
  • 日本仏教34の鍵』(編著)、春秋社、2003年
  • 『新アジア仏教史12-躍動する中世仏教 日本Ⅱ』(末木文美士ほかと共編)、佼成出版社、2010年
  • 『仏教新発見23 西大寺』(共著)朝日新聞社、2007年
  • 『仏教新発見24 建長寺円覚寺』(共著)朝日新聞社、2007年
  • 『岩波仏教辞典』 岩波書店、1989年、第2版2002年-執筆者の一員

英文著作編集

  • 『A History of Japanese Buddhism』 GLOBAL ORIENTAL LTD、2007年

論文編集

脚注編集

  1. ^ a b 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.343
  2. ^ 最上義光講演会 最上家三代の栄光と蹉跌 (PDF)”. 山形大学都市・地域学研究所. 2019年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月30日閲覧。
  3. ^ 松尾剛次「「狡猾」「残忍」といわれた男の本当の姿 - 特別企画 山形五十七万石の初代藩主 伊達と上杉の宿敵・最上義光」、『歴史街道』(2019年5月号)、PHP研究所 pp. 118-123
  4. ^ 退職教員の最終講義のお知らせ” (日本語). 山形大学 (2019年1月24日). 2019年5月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年5月30日閲覧。

外部リンク編集