松尾潔

日本の音楽プロデューサー (1968-)

松尾 潔(まつお きよし、1968年1月4日 - )は、日本の音楽プロデューサー作詞家作曲家音楽ライター小説家

松尾 潔
別名 松尾“KC”潔、小山内舞、立田野純
生誕 (1968-01-04) 1968年1月4日(56歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県福岡市
学歴 早稲田大学第二文学部卒業
ジャンル POPR&BSOUL
職業 音楽プロデューサー
作詞家
作曲家
音楽ライター
活動期間 1988年 -
事務所 Never Too Much Productions

Never Too Much Productions代表。通称はKC。本名「松尾潔」名義での作詞・作曲活動の他に、小山内舞及び立田野純名義での作詞も多数ある。

人物

編集

血液型はA型。

現代黒人音楽の研究者、紹介者であると同時に、プロデューサー、ソングライターとして音楽制作にも直接関わる稀有な存在であり、そのシングルおよび収録アルバムの累計セールス枚数は3000万枚を超すビッグプロデューサーでもある[1]

好きなのは、黒人音楽の中でもR&B、つまり黒人の歌謡曲と日本人の歌謡曲という「歌もの」[1]

音楽プロデューサーやソングライターとしては、SPEEDMISIA宇多田ヒカルのデビューの際のブレーンの一人[1]平井堅ブレイクの仕掛け人やCHEMISTRYの生みの親でもある[注 1]

その一方で、日本を代表するブラックミュージック研究家、音楽ライター、ラジオDJ、ミュージック・フリークでもあり、早稲田大学在学時から始めたライターとしての仕事で取材のために渡米を繰り返す中、非常に困難とされたジェイムス・ブラウンへの密着インタビューや、クインシー・ジョーンズの独占インタビューに成功[1]

プロのミュージシャンを目指すようなレベルではなかったが、ピアノベースギタートランペットの経験があり、名前の表記はないものの、「Produced by」とクレジットがある場合は楽器演奏やコーラスでレコーディングに参加していることもある[1]

2023年8月からは福島県ALPS処理水放出を反対する署名に参加している[2]

略歴

編集

福岡県出身。西南学院中学校福岡県立修猷館高等学校早稲田大学第二文学部卒業。1988年、大学在学中にブラックミュージック専門誌『bmr(ブラック・ミュージック・リヴュー)』などでR&BHip Hopを主な対象として執筆活動を開始し、アメリカやイギリスでの豊富な現地取材をベースとした評論活動、多数のラジオ・TV出演を重ね、若くしてその存在を認められるようになる[1]

ライター時代に久保田利伸と交流したことをきっかけに1990年代半ばから音楽制作に携わるようになる。

2002年に開催された日韓共催FIFAワールドカップ2002 FIFA ワールドカップ公式アルバムの曲「Let's Get Together Now」(Voices of KOREA/JAPAN)の作詞及びプロデュースを手がける。同曲は韓国で公式に放送された初めての日本語詞の歌として歴史的な1位を獲得し話題となった。

2007年、EXILEのシングル「Lovers Again」の作詞とプロデュースを手掛け、同曲の作詞家として2007年度JASRAC賞銅賞を受賞した。

2008年、西寺郷太NONA REEVES)、アレンジャー毛利泰士とバンド「エキゾチックJAPAN」を結成し、リーダーとしてみうらじゅんのテレビ番組「シンボルず」(テレビ東京)の音楽を担当した(2008年7月 - 9月)。

同年初夏にスイスで行われた「クインシー・ジョーンズ75歳アニヴァーサリー・セレブレーション」には日本を代表して鷺巣詩郎と参加した。同年12月、作詞・共作曲・プロデュースを手掛けたEXILEのシングル「Ti Amo」が第50回日本レコード大賞を受賞した。また同曲の作詞・作曲家として2009年度のJASRAC賞銀賞を受賞した。

2009年、松尾の個人事務所がスマイルカンパニーと業務提携を締結。

2011年、平井堅のアルバム『JAPANESE SINGER』で10年ぶりにタッグを組み、トータル・プロデュースを行う。同年、作詞・プロデュースを手掛けたJUJUのシングル「この夜を止めてよ」が第53回日本レコード大賞「優秀作品賞」を受賞した。

2013年、イギリスの人気オーディション番組『Xファクター』の日本版X Factor Okinawa Japanの審査員に就任した。

2019年、関ジャニ∞の番組『関ジャム 完全燃SHOW』の出演を開始[3]

2021年2月17日、初の長編小説『永遠の仮眠』を新潮社より発刊した。表紙カバーでは三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE岩田剛典がモデルを務めた。

2022年、作詞を手掛けた天童よしみの「帰郷」が第55回日本作詩大賞を受賞した。

スマイルカンパニーからの契約解除

編集

2023年6月30日、松尾は自身のTwitterで「15年間在籍したスマイルカンパニーとのマネージメント契約が中途で終了になりました。私がメディアでジャニーズ事務所と藤島ジュリー景子社長に言及したのが理由です。私をスマイルに誘ってくださった山下達郎さんも会社方針に賛成とのこと、残念です。今までのサポートに感謝します。バイバイ!」と投稿[4][5]ジャニー喜多川の性加害問題に際し、松尾がメディアでジャニーズ事務所および同事務所社長の藤島ジュリー景子について触れたことが原因だとし、同じくスマイルカンパニー所属の山下達郎と妻の竹内まりやも松尾との契約解除の方針に賛成したと述べた[6][7][8]

松尾は『日刊ゲンダイ』で連載しているコラム「メロウな木曜日」の2023年7月6日発行号掲載分で経緯を明らかにした。それによれば、藤島の公式見解を受けて、出演したラジオ番組で見解や提言を示したところ、スマイルカンパニー社長の小杉周水[注 2]に呼び出され、松尾の意見は正論だとした上で、ジャニーズ事務所や藤島の名前をメディアで出したことを問題視し、解約を切り出してきたとしている。また、山下達郎・竹内まりや夫妻についても、これまでの山下家・小杉家・藤島家のつきあいの歴史を考えると松尾が在籍し続けるのは難しいとの判断に至ったとされている。小杉は松尾に「なぜなら、三家のつきあいはビジネスではなく『義理人情』なのだから」と説明したとされる[8][9]

一方のスマイルカンパニー側は小杉名でリリースを発表、今回の契約解除は松尾の社内外での言動等に鑑み、小杉の自身の判断により松尾との協議の上で合意したことだと明らかにしている[10][11]

その後山下は自身のラジオ番組『山下達郎のサンデー・ソングブック』(TOKYO FM)で、「ネットや週刊誌の最大の関心事はですね。私がジャニーズ事務所への忖度があって、今回の一件もそれに基づいて関与しているのでは、という根拠のない憶測です。今の世の中はなまじ黙っているといったもの勝ちで、どんどん嘘の情報が拡散しますので、こちらからも思うところを正直に率直にお話ししておく必要性を感じた次第であります。」、「まずもって、私の事務所と松尾氏とは、彼から顧問料をいただく形での業務提携でありましたので雇用関係にあったわけではない。また、彼が所属アーティストだったわけでもなく、従って解雇には当たりません。弁護士同士の合意文書も存在しております。松尾氏との契約終了については、事務所の社長の判断に委ねる形で行われました。松尾氏と私は直接何も話をしておりませんし、私が社長に対して契約を終了するよう促したわけでもありません。そもそも彼とは長い間会っておりません。年にメールが数通という関係です。」と松尾の発信した内容を否定している[5]。また、「性加害が本当にあったとすれば、それはもちろん許し難いことであり、被害者の方々の苦しみを思えば、第三者委員会等での事実関係の調査というのは必須であると考えます。」と発言し、性的加害の問題解決は必要だとした[12]

これに対し松尾は『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ・日本テレビ系)からの質問に回答コメントを寄せる形で反論、「事実をゆがめかねない箇所がいくつかあり、社会的弱者への共感と配慮を著しく欠いていたのも非常に残念」と批判するとともに、長年「松尾君」と呼んできた山下が今回「松尾氏」としたことについては「この人と自分との間には結構な距離がありますよというイメージ誘導の意図を感じずにはいられません」、また契約解除の理由などに関しての発言には「何かをにおわせる物言いは不適切かつミスリードになる危険性がある」と批判した[13]。更に「ぼくは達郎さんを敵対視なんてしてませんから」としつつ、『絶大な影響力のあるカリスマミュージシャンに、子供たちが不幸にも性犯罪や性暴力の被害者になった時、「声を上げてもムダ」と諦めずにすむ社会を一緒に目指しましょうよ、とご提案しているのです。』とも発言している[14]

松尾は2019年から2023年6月3日までジャニーズ及び関ジャニ∞の番組『関ジャム 完全燃SHOW』に常連出演していたが、2023年7月より出演を停止(松尾の最終出演日は2022年3月13日)している[3]

代表作

編集

アルバム

編集

トータル・プロデューサーとして関与しているものを記す。

シングル

編集

プロデュース・リミックス・楽曲制作で関わった主なアーティスト

編集

国内

編集

海外

編集

出演番組

編集

ラジオ

編集

テレビ

編集

テレビドラマ

編集

著書

編集
出版年月日 作品名 出版社 ISBN 備考
1991年6月10日 鈴木啓志編『USブラック・ディスク・ガイド』 ブルース・インターアクションズ ISBN 9784938339104 共著[17]
2000年11月28日 『TOKYO LONELY WALKER』 扶桑社 ISBN 9784594030216 週刊SPA!』連載の単行本化[18]
2001年2月23日 『サクセスの秘密-中原昌也対談集』 河出書房新社 ISBN 9784309013992 対談参加。初出は『Ele-king』誌。[19]
2001年3月26日 『夢のカケラ―CHEMISTRY完全ドキュメント』 ソニー・マガジンズ ISBN 9784789716772
2002年6月14日 『学食巡礼』 扶桑社 ISBN 9784594034917 『週刊SPA!』連載の単行本化[20]
2004年11月18日 『NO MUSIC, NO LIFE』平間至 マガジンハウス ISBN 9784838713691 1997年12月[21]
2006年2月25日 『bounce book R&B STANDARDS』 TOKYO FM出版 ISBN 9784887451544 共著[要出典]
2010年9月15日 『アフロ・ディズニー2 MJ没後の世界』 文藝春秋 ISBN 9784163720609 対談参加[22]
2014年5月30日 『松尾潔のメロウな日々』 スペースシャワーネットワーク ISBN 9784907435035 序文(山下達郎)[23]
2015年6月26日 『松尾潔のメロウな季節』 スペースシャワーネットワーク ISBN 9784907435509 序文(菊地成孔)[24]
2021年2月17日 『永遠の仮眠』 新潮社 ISBN 9784103538417 序文(三浦しをん/ジェーン・スー)[25]
2024年1月11日 『おれの歌を止めるな』 講談社 ISBN 9784065344347 日刊ゲンダイの連載とラジオでの発言のまとめ、および書き下ろし[26][27]

関連人物

編集

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ テレビ東京バラエティ番組ASAYAN』の企画「男子ボーカリストオーディション」にてCHEMISTRYを発掘、彼らの名付け親となって初期のヒット楽曲群をプロデュースした。
  2. ^ スマイルカンパニー前社長・ジャニーズ事務所元顧問小杉理宇造の長男。
  3. ^ a b ただし、携わった楽曲は全てJ-POP楽曲。

出典

編集
  1. ^ a b c d e f 米田智彦 (2014年8月17日). “音楽とビジネスのあいだでサヴァイヴする方法〜『松尾潔のメロウな日々』出版記念!松尾潔スペシャルインタビュー〜前編”. ライフハッカー日本版. 2014年12月14日閲覧。
  2. ^ kiyoshimatsuoの2023年8月23日6時28分のツイート- X(旧Twitter)
  3. ^ a b 松尾潔氏「関ジャム」出演NGか スタッフが危惧する視聴者の反発”. 東スポWEB (2023年7月12日). 2023年9月2日閲覧。
  4. ^ 松尾潔 [@kiyoshimatsuo] (2023年7月1日). "15年間在籍したスマイルカンパニーとのマネージメント契約が中途で終了になりました。…". X(旧Twitter)より2023年7月5日閲覧
  5. ^ a b 山下達郎、冠ラジオ『サンソン』で事務所騒動に言及 ジャニーズへの忖度報道は「根拠のない憶測」”. ORICON NEWS (2023年7月9日). 2023年7月9日閲覧。
  6. ^ 音楽プロデューサー松尾潔氏がジャニーズ〝性加害〟言及で契約終了 山下達郎も同意” [Record Producer Kiyoshi Matsuo's contract with Johnny's was terminated due to references to "sexual assault," and Tatsuro Yamashita agreed.]. 東スポWEB. 東京スポーツ. 東京スポーツ新聞社 (2023年7月1日). 2023年7月3日閲覧。
  7. ^ 黒崎さとし (2023年7月2日). “ジャニーズ批判で事務所クビ、山下達郎氏に飛び火のワケ” [Why a record producer was fired from his office for criticizing Johnny's, and why Tatsuro Yamashita was involved in the incident.]. 日刊サイゾー. サイゾー. 2023年7月3日閲覧。
  8. ^ a b 滝沢文那 (2023年7月6日). “ジャニーズ問題で発言 松尾潔さん、達郎さん所属の事務所と契約解除”. 朝日新聞. 2023年7月6日閲覧。
  9. ^ 松尾潔 (2023年7月6日). “「スマイルカンパニー契約解除の全真相」弁護士を通じて山下達郎・竹内まりや夫妻の“賛成事実”を確認”. 日刊ゲンダイDIGITAL. 2023年7月6日閲覧。
  10. ^ スマイルカンパニーより大切なお知らせ,スマイルカンパニー,2023年7月5日
  11. ^ 山下達郎の所属事務所が社長名義で声明 松尾潔氏との契約終了は「双方の合意のもと」 『サンソン』での「本人より大切なご報告」告知,ORICON NEWS,2023年7月5日
  12. ^ 山下達郎 性加害問題「本当なら許し難い」 ジャニーさんへ「心から恩義を」も「性加害容認は別問題」(スポニチ)”. 毎日新聞. 2023年9月2日閲覧。
  13. ^ 松尾潔氏、山下達郎のラジオでの説明に「ミヤネ屋」で反論 「内容には事実を歪めかねない箇所がいくつか」,サンケイスポーツ,2023年7月10日
  14. ^ 松尾潔氏 山下達郎のラジオ発言に対する質問の回答を投稿「達郎さんを敵対視なんてしてません」,スポーツニッポン,2023年7月10日
  15. ^ "メロディーは時をこえて〜歌いつぐ筒美京平の世界〜". NHK. 2021年3月22日. 2021年4月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年4月1日閲覧
  16. ^ “Crystal Kay“遊び心のある設定”で鈴木保奈美主演ドラマに出演”. 音楽ナタリー. (2016年8月31日). https://natalie.mu/music/news/200108 2016年8月31日閲覧。 
  17. ^ USブラック・ディスク・ガイド”. SPACE SHOWER NETWORKS INC.. 2014年6月11日閲覧。
  18. ^ TOKYO LONELY WALKER”. 扶桑社. 2014年6月11日閲覧。
  19. ^ サクセスの秘密”. 河出書房新社. 2014年6月11日閲覧。
  20. ^ 学食巡礼”. 扶桑社. 2014年6月11日閲覧。
  21. ^ NO MUSIC, NO LIFE”. Tower Records Japan Inc.. 2014年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年6月11日閲覧。
  22. ^ アフロ・ディズニー2”. 文藝春秋. 2014年6月11日閲覧。
  23. ^ 松尾潔のメロウな日々”. SPACE SHOWER NETWORKS INC.. 2014年6月11日閲覧。
  24. ^ 松尾潔のメロウな季節”. SPACE SHOWER NETWORKS INC.. 2015年6月26日閲覧。
  25. ^ 永遠の仮眠”. 新潮社. 2021年2月17日閲覧。
  26. ^ おれの歌を止めるな”. 講談社. 2024年1月5日閲覧。
  27. ^ "ひとつだけ、音楽と同じくらい大切にしてきたものがある。". 日刊ゲンダイDIGITAL. 日刊ゲンダイ. 5 January 2024. 2024年1月5日閲覧

外部リンク

編集