松山 俊行(まつやま としゆき、1968年9月8日 - )は、フジテレビ報道局解説委員

来歴編集

宮城県出身。千葉県立我孫子高等学校早稲田大学政治経済学部政治学科(谷藤悦史ゼミ)卒業。

1993年4月、フジテレビ入社。報道局に配属され、報道局社会部警視庁クラブ、報道局政治部自民党首相官邸キャップ、FNNワシントン支局長(2014年8月〜2018年3月)などを歴任。2018年3月から解説委員。

2018年4月2日から、反町理の後任として、夜の大型報道番組『BSフジLIVE プライムニュース』のメインキャスターを務め[1]、また、プライムニュース編集長へ就任した。2019年3月30日のプライムニュースSUPERでプライムニュースを卒業し、同年4月7日より地上波の日曜報道 THE PRIMEをプライムニュースの金曜日を一緒に担当した梅津弥英子アナウンサーと担当している。

大学時代にカリフォルニア州立大学サンバーナディノ校英語版に留学。2回のFNNワシントン支局赴任を含め在米歴8年半[2]

出演番組編集

現在の担当番組編集

過去の担当番組編集

降板後は、反町理の代役を務める場合がある。

脚注編集

  1. ^ 元NHK登坂淳一アナ、フジ夕方の顔に抜てき「“1”から“8”に転身」”. ORICON NEWS (2018年1月15日). 2018年7月12日閲覧。
  2. ^ 松山俊行 フジテレビ・FNN

関連項目編集