メインメニューを開く

松岡 功祐(まつおか こうすけ、1943年2月9日 - )は、熊本県出身の元プロ野球選手内野手)・コーチ

松岡 功祐
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
生年月日 (1943-02-09) 1943年2月9日(76歳)
身長
体重
170 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1966年 第1次ドラフト1位
初出場 1967年
最終出場 1977年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

来歴・人物編集

プロ入り前編集

九州学院高校では3年次の1960年夏の甲子園県予選で準決勝へ進出するが、熊本商業に敗退。

高校卒業後は明治大学へ進学し、東京六大学リーグでは1年次の1961年に春季リーグで優勝を経験するが、自身の活躍の場は無かった。4年次の1964年になってから頭角を表し、同年の秋季リーグでは法大長池徳二に次ぐ打率2位を記録し、自身初のベストナイン(遊撃手)に選出される。攻・走・守三拍子揃っており、すぐにでも使える選手との評判であった。

大学卒業後はサッポロビールへ入社し、1965年1966年と2年連続で都市対抗に出場するなど活躍。

1966年のドラフト1位で大洋ホエールズに入団する。

プロ入り後編集

1年目の1967年から正遊撃手の定位置を獲得して123試合に出場、規定打席(24位、打率.244)にも到達する。1970年米田慶三郎が急成長すると、激しいポジション争いが続く。1975年には山下大輔が正遊撃手の座に就いたこともあり、1977年限りで現役を引退。

引退後編集

引退後は大洋→横浜でスコアラー(1978年)、二軍守備・走塁コーチ(1979年)、一軍ベースコーチ(1980年 - 1981年)、一軍守備・走塁コーチ(1982年 - 1984年, 1986年 - 1989年)、一軍守備・走塁兼トレーニングコーチ(1985年)、スカウト(1990年 - 2006年)を歴任。スカウト時代は波留敏夫相川亮二木塚敦志などの獲得に携わった。

2004年には母校の後輩である一場靖弘を担当。後に松岡が一場に金銭授与していたことが発覚し、この問題以前にも巨人が一場に裏金を渡していたとされる問題も発覚して球界は混乱(一場事件参照)。これがきっかけで砂原幸雄オーナーが辞職となり[1]、松岡も後日神宮で行われた明大の試合で、一塁側応援席のファンや関係者に謝罪する事態となった。

その後は中国天津ライオンズ2007年 - 2010年)、母校・明大(2011年 - 2014年)のコーチを経て、2015年より中日ドラゴンズ二軍野手育成コーチ兼選手寮「昇竜館」館長に就任[2]2018年現在、球界最年長コーチであった[3]が、2018年シーズン終了後、森繁和の監督退任・フロントへの異動と与田剛の監督に伴い、コーチを退任した。2019年からは昇竜館の館長職を継続している。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1967 大洋 123 447 406 36 99 19 2 0 122 20 11 13 4 2 30 1 5 70 5 .244 .302 .300 .603
1968 116 344 314 24 69 12 3 2 93 20 3 5 10 1 17 2 2 69 6 .220 .263 .296 .560
1969 92 212 188 12 45 16 1 0 63 8 1 1 2 3 19 1 0 41 4 .239 .305 .335 .640
1970 80 122 109 15 26 5 2 0 35 5 0 0 7 1 5 0 0 6 2 .239 .270 .321 .591
1971 80 154 133 5 38 4 0 0 42 7 1 0 9 1 10 1 1 17 2 .286 .338 .316 .654
1972 88 186 160 10 33 0 0 0 33 6 0 1 11 0 14 0 1 22 2 .206 .274 .206 .481
1973 63 120 108 5 15 0 1 0 17 4 1 1 3 0 7 0 2 15 4 .139 .205 .157 .363
1974 49 50 49 4 9 1 0 0 10 3 1 1 0 0 0 0 1 8 4 .184 .200 .204 .404
1975 60 58 54 6 12 1 1 0 15 0 0 1 1 0 3 0 0 6 0 .222 .263 .278 .541
1976 42 39 37 2 9 0 2 1 16 4 0 0 0 0 1 0 1 10 1 .243 .282 .432 .714
1977 7 7 7 0 3 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 .429 .429 .429 .857
NPB:11年 800 1739 1565 119 358 58 12 3 449 77 18 23 47 8 106 5 13 266 30 .229 .282 .287 .569
  • 各年度の太字はリーグ最高

背番号編集

  • 23 (1967年 - 1972年)
  • 28 (1973年 - 1977年)
  • 78 (1979年 - 1989年)
  • 83 (2015年 - 2016年)
  • 96 (2017年 - 2018年)

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集