松岡正海

松岡 正海(まつおか まさみ、1984年7月18日 - )はJRA(日本中央競馬会)の騎手美浦前田禎厩舎所属でデビューし、2005年10月に同調教師が死去し厩舎解散になったあとは相沢郁厩舎に所属している。

松岡正海
Masami-Matsuoka.jpg
2009年 天皇賞(春)表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県
生年月日 (1984-07-18) 1984年7月18日(33歳)
身長 162.9cm
体重 50kg
血液型 B型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 相沢郁(美浦)
初免許年 2003年
免許区分 平地[1]
重賞勝利 14勝
G1級勝利 2勝
経歴
所属 前田禎(美浦)→相沢郁(美浦)
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2003年3月1日中山競馬第12競走でプラチナウィンクに騎乗しデビュー(14着)。同年3月23日の中山競馬第12競走でデュエットシチーに騎乗し初勝利を挙げる。

デビュー年は11勝にとどまったが、2年目の2004年は28勝と勝利数が上昇。夏には北海道競馬に参戦し、函館競馬で初の特別競走勝ちを収めるなどの活躍をした。

その後2005年のダイヤモンドステークスでウイングランツに騎乗し重賞初制覇。美浦所属の2003年デビュー組のなかで一番乗りでの重賞初制覇であった(栗東所属も含めると、前年の長谷川浩大福島記念優勝)に次いで2人目)。そしてこの年の桜花賞GI初騎乗を果たすなど、グレード競走にも徐々に名を連ねるようになり、最終的に49勝をマークした。

2006年4月1日にはJRA通算100勝を挙げ、同年6月12日からはマイケル・キネーン騎手の紹介により、アイルランドの有力な調教師ジョン・オックス厩舎のもとで約3か月間の国外出張を行った。現地では騎乗は2レースのみ(6着、8着)だったが、馬の身の回りの世話や日本との違いなどを肌で感じ取った。松岡自身も、「この時の経験が、自分の競馬に対するスタンスを変えた」と語っている。このアイルランドでの修行を経て、2006年9月16日の中山競馬よりJRAのレースに騎乗を再開した。

日本復帰後はプリサイスマシーンマイネルレーニアサンツェッペリンアイルラヴァゲインと重賞勝ちを積み重ね、勝負強さを際立たせた。

2007年5月13日に12番人気コイウタヴィクトリアマイルを制し、JpnI(GI)初勝利を挙げた。また4月15日の皐月賞でも15番人気のサンツェッペリンをハナ差の2着に持ってきており、ともに大波乱を演出する。

地方競馬での騎乗にも積極的で、2008年11月3日、公営園田競馬場で開催されたJBCスプリントバンブーエールで制覇し、交流Jpn競走初勝利を挙げた。

2009年5月3日天皇賞・春では、前走の日経賞アルナスラインの2着にもってきたマイネルキッツに引き続き騎乗し、12番人気という低評価を覆し、前走敗れたアルナスラインに競り勝った。

2009年9月30日には、大井競馬場で行われた第43回東京盃でふたたびバンブーエールで勝利した。

2010年12月4日、中山12Rでヒットジャポットに騎乗し1着となり自身初となるJRA年間100勝を達成した。

2011年からは落馬負傷による戦線離脱が相次いでいる。8月28日に左腓骨11月19日には右鎖骨を骨折。明け2012年には1月5日京都金杯マイネルラクリマで制覇し1年ぶりの重賞勝ちとなった直後の京都競馬第12競走で競走中に落馬。検査の結果左足関節内果骨折、左手関節捻挫と診断された。

地方競馬場では、とくに南関東公営競馬では交流競走以外に条件競走・特別競走・地元重賞を問わず、地元馬にも多く騎乗している[2]

エピソード編集

評価編集

  • 週刊Gallopや自著「藤田伸二の男ラム」で、藤田伸二が「最近の若い騎手は覇気がない」と言いつつも「正海はいいね」と発言したことがある。
  • 一方、田原成貴は、松岡について注目する若手騎手とし[9]つつも「いい意味でのヤンチャとただ荒々しいことを取り違えているんじゃないかと疑いたくなるほどもつれた場面で危険な乗り方をしているレースがある」との懸念も表明している[10]

成績編集

騎乗成績編集

年度 1着 2着 3着 騎乗数 勝率 連対率 複勝率 表彰
2003年 11 13 11 271 .041 .089 .129
2004年 28 34 26 510 .055 .122 .173
2005年 49 47 49 744 .066 .129 .195
2006年 28 33 38 503 .056 .121 .197
2007年 64 59 75 727 .088 .169 .272 中央競馬騎手年間ホープ賞(関東)
2008年 91 73 80 825 .110 .199 .296
2009年 98 82 93 844 .116 .213 .323
2010年 109 105 80 844 .129 .254 .348
2011年 53 70 72 683 .078 .180 .286 フェアプレー賞(関東)
2012年 58 54 63 705 .082 .159 .248
2013年 36 43 58 732 .049 .108 .187
中央 625 613 645 7388 .084 .167 .254
地方 15 21 19 198 .076 .182 .278


日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 2003年3月1日 3回中山1日2R 4歳上1000万円下 プラチナウィンク 16頭 11 14着
初勝利 2003年3月23日 3回中山8日12R 4歳上1000万円下 デュエットシチー 16頭 6 1着
重賞初騎乗 2003年12月21日 6回中山6日11R フェアリーステークス コスモキャンドル 16頭 6 11着
重賞初勝利 2005年2月13日 1回東京6日11R ダイヤモンドステークス ウイングランツ 14頭 10 1着
GI初騎乗 2005年4月10日 2回阪神6日11R 桜花賞 マイネコンテッサ 18頭 16 17着
GI初勝利 2007年5月13日 2回東京8日11R ヴィクトリアマイル コイウタ 18頭 12 1着

重賞勝利

表彰編集

  • 福島競馬場リーディングジョッキー
2008年第2回12勝
  • 新潟競馬場リーディングジョッキー
2008年第2、3回22勝

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年4月7日閲覧。
  2. ^ 内田博幸岩田康誠のように古巣で地元馬に騎乗する例はあるが、JRAデビューの騎手で地元の条件競走にまで騎乗することはめずらしい。
  3. ^ Race-Data.comのデータによると、2006年で約5,000万円、2007年は約1億円の収入がある。
  4. ^ 『競馬最強の法則』2007年11月号・p.78
  5. ^ 『競馬最強の法則』2009年7月号・p.29
  6. ^ 【NHKマイルC】松岡、パパ初GI獲り! サンケイスポーツ 2011年5月6日付記事参照
  7. ^ 元調教師の西塚十勝の孫で元調教師の西塚安夫の息子。
  8. ^ ノビーズ
  9. ^ 「馬券と闘う方法」 『競馬最強の法則』2008年2月号
  10. ^ 「馬券と闘う方法」 『競馬最強の法則』2008年3月号
  11. ^ 2015年アーリントンカップレース結果 - JBISサーチ 2015年3月2日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集