松岡直也

日本のピアニスト、作曲家、編曲家 (1937-2014)

松岡 直也(まつおか なおや、1937年5月9日 - 2014年4月29日[1])は、神奈川県横浜市中区本牧生まれの日本ジャズピアニストラテン・ジャズラテンフュージョン音楽家作曲家編曲家である。

松岡 直也
出生名 松岡 直也
生誕 1937年5月9日
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市中区本牧
死没 (2014-04-29) 2014年4月29日(76歳没)
日本の旗 日本 神奈川県川崎市
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1952年 - 2014年
レーベル
事務所 アーント
公式サイト www.ant-inc.com ウィキデータを編集

経歴 編集

生家は本牧・小港にあった。7歳の頃から独学でピアノを弾き始める。15歳の時、「パン猪狩とマーキス・トリオ」のピアニストとしてプロデビュー。翌年には自身のバンド「松岡直也カルテット」を率いてライブを中心に活動を開始する。また、「浜口庫之助とアフロ・クバーノ・ジュニア」にピアニスト、編曲家として参加し、ヒット曲「黄色いサクランボ」を編曲する。

この頃からラテン音楽の虜になり、「キューバン・スペシオーサ」、「松岡直也ピアノ・トリオ」、「ラテン・スペシオーサ」、「松岡直也ラテン・ピアノ・トリオ」、「松岡直也ハバナ・ビーツ」(後に「松岡直也ハバナ・ビーツ・オーケストラ」に改名)などのラテンバンドで活躍する。

1961年には「アーティストリー・サウンド」を結成し、ショーの音楽プロデュースと編曲を手掛けるようになる。その後、いずみたくが主宰する「オール・スタッフ」に所属。映画・テレビ・CM音楽等の作・編曲を手掛ける傍ら、スタジオ・ミュージシャンとして活動を始める。

1972年にはテレビドラマの主題歌として使われた「太陽がくれた季節」(歌・青い三角定規)を編曲し、青い三角定規は同曲で第14回日本レコード大賞・新人賞を受賞。いしだあゆみ「小さな愛の歴史」作曲(古賀賞/日本作曲家大賞受賞)。更に「松岡直也オールスターズ」を結成しライブ活動を再開する。

1977年、初のリーダーアルバム『JOYFUL FEET』を発表。1979年にはホーン・セクションを加えた大規模編成によるラテン・ジャズ、ラテン・フュージョン・バンド「松岡直也&ウィシング」を結成[2]。また「ラテン・ジャズ・アンサンブル」の日本公演にピアニストとして参加した。

1981年には神戸市で開催された博覧会ポートピア'81」のダイエー館(オムニマックス・シアター)の音楽を担当。そこでの使用楽曲は同年のアルバム『THE SHOW』に収録されている。また同じ1981年には、ロックプロジェクト・MASH(マッシュ)を立ち上げるものの、衣装の派手さや音量の大きさが仇となってしまい短命に終わる。

1982年、音楽活動30周年を記念したベスト・アルバム『九月の風』を発表。オリコンチャート第2位、半年間30位以内にチャートインするなど、インストゥルメンタル・ミュージック界では珍しいヒット作となった。

しかし人気が高まるにつれ、大規模編成であるウィシングのライブ活動がままならなくなりやむなく解散。小規模編成による「松岡直也グループ」を結成。この中からは和田アキラ高橋ゲタ夫、菅野真吾(現・カルロス菅野)、是方博邦大橋勇(現・勇武)といった人気音楽家を生み出している。

日本国外では1980年に「松岡直也&ウィシング」、1983年には「松岡直也グループ」としてスイスモントルー・ジャズ・フェスティバル」に出演。どちらも大成功を収め、1980年の演奏はアルバム『LIVE at Montreux Festival』、1983年の演奏はアルバム『WELCOME』に収録されている。また現地のテレビ放送のため映像も収録されており没後に2作品ともDVD・Blu-rayで発売されている。

1985年には同年にANN系列で放送を開始した『ニュースステーション』をはじめとするANNニュースのテーマソングを作曲。また中森明菜に提供した「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」の作・編曲を手掛け、同曲は第27回日本レコード大賞を受賞し、また松岡は日本作曲大賞・優秀作曲家賞を受賞した。

1986年にはわたせせいぞう作で日本テレビ系列で放送された『ハートカクテル』の音楽を担当。楽曲はサウンドトラックとして「ハートカクテルVol.1」が1986年11月、「Vol.2」が1987年2月に発売。一方でプロレスラー藤波辰巳(現・辰爾)の入場テーマ曲「Rock Me Dragon」を作曲する、というユニークな面も見せた[3]

1988年にはNHK教育テレビで放送された『ベストサウンドIV』の講師を担当。1993年には再びホーン・セクションを交えた大規模編成によるバンド「松岡直也バンダ・グランデ」を結成、更に1997年にはTBS系列のドラマ『智子と知子』の劇伴を担当。

2001年に病気を患うがその後も音楽活動を続け、2005年にアルバム『Sincerely』を発表。2009年には新ユニット「Hot & Unique」の結成、音楽活動60周年を迎えた2012年には「松岡直也&ウィシング」を再結成[4]させてライヴ活動を行うなど、闘病しながらも精力的に活動を続けていた。

しかし2014年3月末に体調が急変して入院。4月29日午前10時22分、前立腺癌のため川崎市の病院で死去[5]。76歳没[6]

ディスコグラフィー 編集

シングル 編集

松岡直也と吉田美奈子

  • Lovin' Mighty Fire/American Highway(1979年、アトランティック、L-3504A)

松岡直也 (& ウィシング)

  • 九月の風/ONE LAST FAREWELL(1982年、Warner Brothers、K-1518)
  • HYMN TO THE WAVE/COME TO ME(ボーカル・大空はるみ)(1983年、Warner Brothers、K-1521)
  • 午後の水平線/FREE VOYAGE(1983年、Warner Brothers、M-1502)
  • A PASTORAL/NUAGE(1984年11月28日、Warner Brothers、M-1504)
  • On A Summer Day/The September Wind(1985年4月25日、Warner Brothers、M-3602)
  • コスモスアベニュー/1/3の確率(1986年12月10日、Warner Brothers、M-1507)

アルバム 編集

スタジオ・アルバム

発売日 タイトル 備考
1 1977年3月25日 JOYFUL FEET 「松岡直也オールスターズ」名義
2 1978年3月25日 STEFFANIE DE PRAIA~海辺のステファニー
3 1979年2月25日 DAY BREAK 「松岡直也オールスターズ」名義
4 1979年4月25日 THE WIND WHISPERS 「松岡直也 & ウィシング」名義
5 1979年9月25日 KALEIDOSCOPE 「松岡直也 feat. トゥーツ・シールマンス & 松木恒秀」名義
6 1979年10月25日 FIESTA FIESTA 「松岡直也 & ウィシング」名義
7 1979年12月21日 MAJORCA
8 1980年7月25日 SON
9 1981年2月21日 PACIFIC JAM 「土岐英史と松岡直也」名義
10 1981年3月25日 THE SHOW 「松岡直也 & ウィシング」名義
11 1981年6月25日 MASH 「Mash」名義
12 1981年12月21日 DANZON 「松岡直也 & ウィシング」名義
13 1982年10月25日 FALL ON THE AVENUE~見知らぬ街で
14 1983年4月23日 A FAREWELL TO THE SEASHORE~午後の水平線
15 1984年5月25日 夏の旅
16 1984年11月28日 LONG FOR THE EAST
17 1985年5月25日 SPLASH & FLASH~遅い朝食にはビールを
18 1986年5月25日 WATERMELON DANDIES
19 1987年6月25日 日曜島へ
20 1988年5月25日 MAJESTIC
21 1989年5月25日 SONGS and DAYS
22 1989年11月17日 NOW'S THE TIME
23 1990年3月25日 TIME PASSING
24 1990年6月25日 JUNE JULY AUGUST
25 1991年9月25日 MAPAΘΩNマラトン
26 1992年9月25日 DANCE UPON A TIME
27 1993年6月25日 MINERAL
28 1994年6月25日 ヴィーナスを探せ
29 1996年4月25日 シーラカンスの夢
30 1997年12月17日 EMERALD
31 1999年11月20日 THE EARTH BEAMS
32 2001年6月5日 UN JOUR…
33 2002年12月18日 AN AFFAIR TO REMEMBER
34 2005年11月30日 SINCERELY

EP

発売日 タイトル
1 1991年7月25日 EL VIENTO

サウンドトラック

発売日 タイトル
1 1986年11月28日 ハートカクテル Vol.1
2 1987年2月25日 ハートカクテル Vol.2
3 1997年8月27日 智子と知子

ベスト・アルバム

発売日 タイトル 備考
1 1982年4月25日 THE SEPTEMBER WIND 九月の風~通り過ぎた夏 「松岡直也 & ウィシング」名義
2 1985年11月28日 ONE LAST FAREWELL~Naoya Matsuoka The Best Selection
3 1986年11月28日 BAILA MI SON (ラテン・チューン)
4 HOW ROMANTIC! (ロマンチック・チューン)
5 BEACH SONGS (シーサイド・チューン)
6 WIND SONGS (ドライブ・ミュージック)
7 1988年12月10日 SNOW BEAT
8 1992年4月25日 THE NAOYA MATSUOKA~best selection
9 1994年11月30日 HEART & LOVE~ballad collection
10 1997年5月25日 SUMMER VACATION~Naoya Matsuoka best selection
11 1997年10月25日 MUCHOS NAOYA~vocal best selection
12 2013年5月22日 DRIVE BEST!
没後
13 2016年4月27日 BEAUTIFUL JOURNEY -Romantic Piano Best Collection

ボックス・セット

発売日 タイトル
1 1991年3月25日 PASSIONATE PIANO COLLECTION
2 2011年9月28日 Best Collection Warner Music Years 1979-1996

ライブ・アルバム

発売日 タイトル 備考
1 1980年10月25日 LIVE at MONTREUX FESTIVAL 「松岡直也 & ウィシング」名義
2 1983年11月30日 WELCOME
3 1990年11月15日 PLAY 4 YOU

映像作品 編集

ミュージック・ビデオ

発売日 タイトル 備考
1 1987年2月10日 ハートカクテル Vol.1
2 1987年6月10日 ハートカクテル Vol.2
3 1988年11月10日 SENSATIONAL BEATS
4 1989年6月25日 BEST SOUND MONTHLY SONGS
5 2003年 ハートカクテル・アゲイン 「松岡直也・大坪稔明・赤木りえ・国府弘子」名義

ライブ・ビデオ

発売日 タイトル 備考
1 1984年2月22日 MONTREUX JAZZ FESTIVAL '83 「松岡直也グループ」名義
2 1989年10月25日 SONGS and DAYS CONCERT
3 2005年11月30日 NAOYA MATSUOKA GROUP LIVE!! 「松岡直也グループ」名義
4 2009年12月02日 57th Anniversary 松岡直也 The Special "Hot & Unique" Live
5 2012年05月23日 松岡直也 INFINITY Live -60th Anniversary-
6 2012年09月27日 松岡直也 & ウィシング・ライブ~音楽活動60周年記念~ 「松岡直也 & ウィシング」名義
没後
7 2020年5月9日 LIVE at MONTREUX JAZZ FESTIVAL 1980 「松岡直也 & ウィシング」名義

楽曲提供 編集

曲名 発売 アーティスト 収録 参加内容
黄色いサクランボ 1970年 ゴールデン・ハーフ 『ゴールデン・ハーフでーす』 編曲
太陽がくれた季節 1972年 青い三角定規 『太陽がくれた季節/素足の世代』
青春の旅
華やかな孤独 佐良直美 『豪華版 佐良直美デラックス』
Carnival Love 1980年 ペドロ&カプリシャス 『オアシス』 作曲・編曲
Gafieira Night
リオの魔法使い 1981年 清野由美 『U・TA・GE』 作曲
ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕 1985年 中森明菜 D404ME 作曲・編曲
赤い鳥逃げた BEST III
月夜のヴィーナス BITTER AND SWEET
真夜中のオンディーヌ 1987年 長山洋子 『オンディーヌ』
ターミナル 1987年 畠田理恵 『Liaison ―RIE HATADA MINI BEST+1―』
世界を結ぼう 1993年 土田誠子、森の木児童合唱団 『みんなのうた 〜メトロポリタン美術館〜』 作曲
灼熱アモール…サウダージ 〜AMOR…SAUDADE〜 1994年 マルシア シングル 作曲・編曲
熱風エリア~Coração De Rosa~ シングル
あかロータス〜Chove Chuva〜 シングル
逆光線 シングル

エピソード 編集

松岡が在籍した「浜口庫之助とアフロ・クバーノ・ジュニア」には一時、ハナ肇も在籍していた。その縁もあり、1960年、「ハナ肇とクレージーキャッツ」でピアノを担当していた石橋エータローが胸を患い一時休業した際、実現こそしなかったものの、クレージーの臨時メンバーにならないかと、松岡も声をかけられたという[7]


脚注 編集

  1. ^ 松岡直也オフィシャルサイト”. 2014年4月30日閲覧。
  2. ^ ウィシングには村上ポンタ秀一や高橋ゲタ夫、向井滋春らが参加した
  3. ^ 1987年1月に12インチ・シングルとして発売された。
  4. ^ この時の再結成には全盛期のレギュラーメンバーである村上ポンタ秀一や高橋ゲタ夫、和田アキラ、土岐英史に加えて「松岡直也グループ」のメンバーだったカルロス菅野大儀見元が参加。ホーンセクションには菅野がリーダーを務める熱帯JAZZ楽団のメンバーが参加した。
  5. ^ “「ミ・アモーレ」作曲の松岡直也氏が死去”. 日刊スポーツ. (2014年4月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140430-1293378.html 2020年2月16日閲覧。 
  6. ^ [訃報]日本を代表するラテン・フュージョン音楽の第一人者の松岡直也さん逝去”. Yahoo!ニュース (2014年4月30日). 2020年7月25日閲覧。
  7. ^ 犬塚弘佐藤利明・共著『最後のクレイジー 犬塚弘』(2013年講談社ISBN 9784062184472)P.71-72より

関連項目 編集

外部リンク 編集