メインメニューを開く

松島 栄一(まつしま えいいち、1917年8月24日[1] - 2002年12月12日[1] )は日本歴史学者歴研民科歴教協等で活躍。

人物編集

1917年、大阪府大阪市天王寺区に生まれる。1924年に大阪市立天王寺第五尋常小学校(現在の大阪市立五条小学校)、1930年に私立灘中学校(現在の灘高等学校)、1935年に早稲田高等学院1937年早稲田大学文学部史学科にそれぞれ進学。大学在学中、教えを受けた津田左右吉に大きく傾倒する。

大学卒業の1940年、花見朔巳の勧めで東京帝国大学史料編纂所に勤務。当時の東大国史研究室は平泉澄によって支配されていたが、その影響が及ばず実証主義をかたく守っていた東大史料に就職し、そこで家永三郎遠山茂樹と同僚となったことは、その後に大きな影響を与えた。歴史学研究会や「羽仁サロン」に参加し、マルクス主義に傾倒していった。

1943年、歴史学研究会幹事となるが、同年、応召。立川飛行場の航空整備兵として終戦を迎える。敗戦後まもない歴研の再建に尽力し、その後、代表者となっている。歴史学研究会発行の『歴史学研究』や、新たに発足した民主主義科学者協会発行の『歴史評論』などの誌上に多く執筆し、活躍した。

1947年からは講師として母校早稲田の教壇に立ち、また同年、教科用図書編集委員として中学校用日本史教科書の編集に参画、しかしこれは刊行に至らず日の目を見なかった。ついで1949年には中学校社会科学習指導要領改定に参加。中学校三年最後に「平和」の単元を設けるなど松島の主張が盛り込まれたが、すぐに再改定されてしまっている。歴史教育者協議会設立にも大きな役割を果たす[1]

54年から史料編纂所助手、77年講師、1978年定年退官。1982年から1991年まで大東文化大学教授。この頃になると歴史関係の学会からは遠ざかっていたが、歴教協委員長などつとめた。2002年、脳閉塞のため死去。85歳。

専門は、思想史・文化史・史学史・歴史教育など幅広い。高橋磌一宮森繁との共著『日本の国ができるまで』が毎日出版文化賞を受賞[1]

著書編集

単著編集

  • 『太平洋戦争』 福村書店〈中学生歴史文庫〉、1951年
  • 『世界伝記全集 福沢諭吉』 講談社、1960年
  • 『忠臣蔵』 岩波書店〈岩波新書〉、1964年
  • 『日本の学問』 日本放送出版協会、1968年
  • 『元禄文化』 文英堂〈国民の歴史〉、1970年
  • 『歴史教育の歴史と社会科』 歴史教育者協議会、2003年

編著編集

  • 『日本史講座 第1巻 歴史理論篇』 河出書房、1952年
  • 『明治文学全集 明治史論集(1)(2)』 筑摩書房、1965年
  • 現代日本思想大系 マルキシズム1』 筑摩書房、1966年(内田義彦大塚久雄と共編)
  • 『進歩と革命の思想 日本編』 新日本出版社、1978年
  • 『元号問題の本質』 白石書店、1979年(永原慶二と共編)
  • 『日本教育史年表』 三省堂、1990年(伊ケ崎暁生と共編)
  • 『「自由主義史観」の病理』 大月書店、1997年(城丸章夫と共編)
  • 『歴史教育五〇年のあゆみと課題』 未來社、1997年(歴史教育者協議会編)

参考文献編集

  • 佐藤伸雄「松島栄一・人と仕事」
  • 下町人間総合研究所, ed (2004). 庶民の歴史家:松島栄一. 下町人間総合研究所. NCID BA6965763X. 

脚注編集