メインメニューを開く

松崎 仁(まつざき ひとし、1923年(大正12年)3月14日 - 2013年(平成25年)2月26日)は、日本近世演劇研究者。 神奈川県横浜市生まれ。横浜商人中村房次郎[1]の孫。1949年東京帝国大学文学部国文学科卒業。学習院中・高等科教諭、1957年清泉女子大学助教授、1959年立教大学文学部助教授、教授、1989年定年退任、名誉教授梅光女学院大学教授、95年「歌舞伎浄瑠璃・ことば」で九州大学博士(文学)、日本演劇学会河竹賞受賞。98年梅光女学院大を退職、名誉教授。

目次

著書編集

  • 『元禄演劇研究』東京大学出版会、1979
  • 『歌舞伎・浄瑠璃・ことば』八木書店、1994
  • 『舞台の光と影 近世演劇新攷』森話社、2004

共編著編集

校注・翻訳編集

脚注編集

参考編集