メインメニューを開く

松崎 博保(まつざき ひろやす、1982年7月12日 - )は、日本プロボクサー埼玉県深谷市出身。協栄ボクシングジム所属。早稲田大学政治経済学部卒業。太陽生命保険に勤務することから、自身による愛称は「太陽の男」。実家は深谷市の煎餅専門店・松崎米菓

松崎 博保
基本情報
本名 松崎 博保
通称 太陽の男
階級 スーパーフェザー級
身長 172cm
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1982-07-12) 1982年7月12日(37歳)
出身地 埼玉県深谷市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 31
勝ち 22
KO勝ち 11
敗け 7
引き分け 2
テンプレートを表示

来歴編集

2003年9月6日、後楽園ホールでのプロデビュー戦は2RKO負けとなった。

2004年11月3日、東日本スーパーフェザー級新人王を獲得、技能賞を受賞した。同年12月19日、全日本スーパーフェザー級新人王を獲得した。

2006年5月15日、トム長岡(花形)との10回戦ではカウンターで意識を奪い、8RTKO勝利を収めた。同年8月2日、中村友彦(F・I)との6回戦はダウンを奪い合う展開となり、自らも2度のダウンを喫したが5RTKOで制し、5試合連続KO勝利・14連勝となった。その後2勝1分を経て、2007年9月17日の長岡との再戦には1ポイントを失うのみの8R判定勝利を収めた。当初は同年5月に予定されていたが、長岡・松崎が順に負傷したため延期され、7か月ぶりの試合となった。

2008年1月5日、日本スーパーフェザー級王者小堀佑介(角海老宝石)に挑戦。距離をとって踏み込んでは丁寧に攻撃したが、93-98、96-97、95-96の0-3で判定負けとなった[1]

2008年9月6日、日本同級王者矢代義光(帝拳)に挑戦。矢代が偶然のバッティングで左頭部を負傷するなかプレッシャーをかけ続けたが、下がりながら攻撃する矢代にロープを背負わせた場面でカウンターを受け、4RKO負けを喫した。

2009年7月3日、日本タイトル挑戦権獲得トーナメントスーパーフェザー級準決勝で日本同級4位として同5位の岡田誠一(大橋)と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2010年6月2日には日本スーパーフェザー級2位として佐々木康博(ヨネクラ)と同級8回戦を行い、3-0の判定勝利を収めて再起2連勝 (1KO) となった。

2014年2月10日、日本スーパーフェザー級2位として1位内藤律樹(E&Jカシアス)と王座決定戦を行うが、8回TKOで敗れまたしても王座獲得はならなかった[2]。試合後にブログで一度は再起を誓い、現在リハビリ中である[3]

戦績編集

  • アマチュアボクシング:2戦1勝 (1KO・RSC) 1敗
  • プロボクシング:31戦22勝 (11KO) 7敗 (2KO) 2分

獲得タイトル編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集