メインメニューを開く

松嶋 盛人(まつしま もりと、1953年9月4日 - )は、日本政治家教諭福岡県みやま市長(1期)。

松嶋 盛人
まつしま もりと
生年月日 (1953-09-04) 1953年9月4日(66歳)
出生地 福岡県瀬高町(現・みやま市
出身校 明治大学農学部
所属政党 無所属

当選回数 1回
在任期間 2018年10月28日 - 現職
テンプレートを表示

来歴編集

福岡県瀬高町(現・みやま市)生まれ[1]。1978年(昭和53年)3月、明治大学農学部卒業。同年4月、日本ハムに就職。

1980年(昭和55年)4月、朝倉郡夜須町立東小田小学校教員に採用される。2004年(平成16年)4月、三池郡高田町立高田中学校校長に就任。

2014年(平成26年)3月、みやま市立高田中学校を定年退職。同年4月、学校法人八女学院が運営する八女学院中学校・高等学校に教頭として採用される[2]

2018年(平成30年)9月30日、みやま市長の西原親が健康上の理由により辞職[3][4]。同年10月1日、西原の辞職に伴う市長選へ出馬する意向を表明した[5]。10月28日に行われた市長選で元副市長の高野道生、元市議の野田力らを破り、初当選した[6]

※当日有権者数:32,128人 最終投票率:60.71%(前回比:+4.69%)

候補者名年齢所属党派新旧別得票数得票率推薦・支持
松嶋盛人65無所属8,770票45.35%
高野道生73無所属8,546票44.19%
野田力77無所属2,023票10.46%

市政編集

  • 2019年(令和元年)8月26日、職員研修で自ら講師を務め、「人間の『徳』について」と題する文書を管理職22人に配布した。内容は「先祖の悪行は子孫の精神・身体障害、犯罪者の有無などに影響する」とするもの。怠惰な無頼漢の家系は「440人が病的な行為で肉体的に破滅、前科者は130人」と記し、一方、同年代生まれの神学者の子孫は「65人が大学教授や学校長、100人以上が牧師や神学者」などとする記録を引用した。松嶋はこの比較から「一人の人間の『徳』の有無がいかに家族や子孫に大きな影響を及ぼすか」との自らの論考を書きあらわした。同年9月12日の市議会一般質問で「差別と偏見に基づく表現だ」との批判を受けると、「そう捉えられるのは残念」と釈明した。教育学を専門とする大学教授から「優生思想につながる危険な考え」であると指摘されている[7]

脚注編集

外部リンク編集