メインメニューを開く

松川 正毅(まつかわ ただき、1952年 - )は、大阪府出身の民法学者大阪大学名誉教授

来歴編集

大阪府生まれ。大阪星光学院高等学校卒。神戸大学法学部法律学科卒業。神戸大学大学院法学研究科博士後期課程修了、トゥールーズ第一大学博士課程修了、私法博士。1984年、学位論文「遺言意思の研究」で神戸大学法学博士

三重大学人文学部教授愛知学院大学法学部教授などの後、大阪大学大学院高等司法研究科教授、同研究科長。2016年より大阪学院大学法学部教授

2004年から2005年には法務省司法試験考査委員となる。2004年フランス政府より教育功労賞(パルムアカデミック)を授与される。

専門研究分野は、フランス民法、親族・相続のほか、人工生殖・DNA鑑定などの科学技術・医療技術の発展と親族・相続法の関係などである。

著書編集

  • 『有斐閣アルマ 民法 親族・相続』(有斐閣、2004年)ISBN 4641122067
  • 『変貌する現代の家族と法』(大阪大学出版会、2001年)ISBN 4872591151
共著
  • 『基本法コンメンタール 親族』(日本評論社、2001年)ISBN 4535402132
  • 『基本法コンメンタール 相続』(日本評論社、2002年)ISBN 4535402140
  • 『高木多喜男先生古稀記念 現代民法学の理論と実務の交錯』(成文堂、2001年)ISBN 4792323983