松帆崎

兵庫県淡路市にある岬
松帆の浦から転送)

松帆崎(まつほざき)は、兵庫県淡路市岩屋に属し、明石海峡に面する北緯34度36分32秒 東経135度0分10秒。淡路島最北端。海域で言えば大阪湾の北西端、播磨灘の東端にあたる。

松帆崎の位置
松帆の浦と明石海峡大橋

1945年12月9日、ここの沖合でせきれい丸沈没事故が発生し、明石海峡大橋架橋の契機となった。

地理・文化編集

松林が付近一帯を覆い、松帆の浦と呼ばれる。古来からの潮待ち・風待ちの地で、歌枕として和歌にも詠まれている。

こぬ人をまつほの浦の夕凪に 焼くや藻塩の身もこがれつつ 藤原定家新勅撰和歌集

明石海峡を望む景勝の地であったが、現在は明石海峡大橋が架かったことで様相を一変している。岬ではあるが、単独の観光地として捉えられることは少ない。

付近には勝海舟が設置した砲台徳島藩松帆台場跡(国の史跡)が残る。岬の西方には1871年明治4年)以来の歴史を持つ江埼灯台がある。

付近の観光地編集

交通編集

座標: 北緯34度36分32秒 東経135度0分10秒 / 北緯34.60889度 東経135.00278度 / 34.60889; 135.00278