松平乗清

松平親忠の九男。滝脇松平家の祖

松平 乗清 (まつだいら のりきよ)は、戦国時代三河国武将滝脇松平家の初代当主。

 
松平 乗清
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 弘治2年3月25日1556年5月14日[1][注 1]
別名 三郎大夫、源四郎[1]、加賀右衛門[2]
戒名 如海常心[4]
墓所 長松院(愛知県豊田市滝脇町)[1]
主君 松平親忠長親信忠清康広忠元康
氏族 滝脇松平家
父母 松平親忠[注 2][5]
兄弟 親長乗元長親親房存牛親光長家張忠乗清[5][6]
親正?[7]乗遠[8]
テンプレートを表示

略歴編集

西三河一円に敷衍した松平氏の一族。長享元年(1487年)惣領家の松平親忠額田郡麻生城天野氏を攻め滅ぼした際、後継の麻生城主に配されたという[9][10]。後に名字の地である加茂郡松平郷にほど近い滝脇の地に移って家名とした[5][9][11]

後年になると松平清康広忠の横死と駿河国今川氏勢力の伸長のために松平氏の三河における影響力は後退し、尾張国織田氏に味方する諸勢力との摩擦を生じるようになった(三河忩劇)。弘治2年(1556年1月、織田氏に味方する大給松平家との戦いで孫の正乗が戦死し、2か月後には嫡男の乗遠とともに乗清も戦死した(滝脇合戦)[12][11][注 1]。菩提寺である長松院は、父子三代が戦死したためその追善のために建立されたという[8]

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ a b 乗清の没年を大永6年3月19日1526年5月10日)とする説もある[2][3]
  2. ^ 松平乗元を実父とする説もある。

出典編集

参考文献編集

  • 高木昭作 著「松平氏」、国史大辞典編集委員会 編 『国史大辞典』 13巻、吉川弘文館、1992年。ISBN 9784642005135 
  • 松平町誌編纂委員会 編 『松平町誌』豊田市教育委員会、1976年。 
  • 新編岡崎市史編集員会 編 『新編岡崎市史』 2巻、新編岡崎市史編さん委員会、1989年。 
  • 林英夫 編 『愛知県の地名』平凡社日本歴史地名大系〉、1981年。ISBN 9784582490084 
  • 寛政重修諸家譜』 1巻、続群書類従完成会、1964年。ISBN 9784797102055 
  • 『新編藩翰譜』 1巻、新人物往来社、1977年。ISBN 9784404008152