メインメニューを開く
平和公園内の墓(愛知県名古屋市千種区)

松平 仙千代(まつだいら せんちよ、文禄4年3月13日1595年4月22日) - 慶長5年2月7日1600年3月21日))は、安土桃山時代の武家の人物。徳川家康の八男。母は側室の相応院()で尾張徳川家始祖徳川義直の同母兄。徳川仙千代平岩仙千代とも。

生涯編集

伏見で生まれ、4歳まで同地で暮らす。利発だったと伝えられている。長兄信康の傅役で徳川十六神将の一人だった平岩親吉に嗣子がいないことを憂えた家康の配慮で、親吉の養嗣子になった。

養父親吉の移封に従い甲斐国府中、慶長4年(1599年)大坂に移るも、翌年に歿した。享年6。法名は高岳院殿華窓林陽大童子。墓は山梨県甲府市大阪府天王寺区愛知県名古屋市平和公園の高岳院墓地にそれぞれある。

なお、仙千代の死後、養父親吉は仙千代の弟義直御附家老となる。仙千代が長命であれば、兄が弟の附家老になるのは異例であるため尾張藩主義直とその家老平岩家という関係に変更があった可能性もある。