メインメニューを開く

松平 信彰(まつだいら のぶたか)は、江戸時代中期から後期にかけての大名丹波国亀山藩4代藩主。丹波亀山藩形原松平家9代。官位従五位下紀伊守

 
松平信彰
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 天明2年11月5日1782年12月9日
死没 享和2年9月21日1802年10月17日
改名 金次郎・又七郎(幼名)→信彰
戒名 俊徳院殿高誉賢勝男哲大居士
墓所 京都府亀岡市北古世町の光忠寺
官位 従五位下紀伊守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
丹波亀山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平信道
正室:松平忠告
養子:信志[1]

略歴編集

天明2年(1782年)11月5日、3代藩主・松平信道の長男として丹波亀山で誕生。

寛政3年(1791年)3月、父の死去により10歳で家督を継いだ。寛政8年(1796年)12月、従五位下・紀伊守に叙任される。

享和2年(1802年)9月21日(9月18日、9月20日とも)に死去。享年21。跡を養子・信志が継いだ。

脚注編集

  1. ^ 松平庸孝の長男