松平 典信(まつだいら すけのぶ)は、丹波篠山藩の第2代藩主。丹波亀山藩形原松平家3代。の読みは「のりのぶ」ともいわれる。

 
松平典信
時代 江戸時代前期
生誕 寛永6年2月24日1629年3月18日
死没 寛文12年11月20日1673年1月7日
改名 又七郎(幼名)、典信
戒名 忠岸院松誉源英
墓所 京都府亀岡市古世町の光忠寺
官位 従五位下、大和守、駿河
幕府 江戸幕府
丹波国篠山藩
氏族 形原松平家
父母 父:松平康信、母:水野重央の娘・常覚院
兄弟 典信昭信
正室:板倉重宗の娘・専称院
信孝信利、娘(戸田光永正室)、娘(内藤忠次正室のち中山信行継室)、娘(戸田重恒正室)、娘(松平忠充正室)、娘(松平氏辰室)、信庸、娘(真田信音正室)、娘(永井直敬正室)、娘(松平近禎正室)

寛永6年(1629年)2月24日、初代藩主・松平康信の長男として摂津高槻で生まれる。慶安4年(1651年)12月28日、従五位下・大和守に叙位・任官する。明暦元年4月、駿府守に改任され、寛文9年(1669年)9月29日、父の隠居により家督を継いで第2代藩主となった。襲封後、典信は領民の飲料水のため玉水の清泉を復活し、醸酒や灌漑にも使用した。しかし藩主在職わずか3年後の寛文12年(1672年)11月20日に江戸で死去した。享年44。

跡を次男・信利が継いだ。