松平 勝善(まつだいら かつよし)は、江戸時代後期の大名伊予国松山藩12代藩主。定勝系久松松平家宗家13代。

 
松平勝善
Matsudaira Katsuyoshi.jpg
松平勝善像
時代 江戸時代後期
生誕 文化14年6月29日1817年8月11日
死没 安政3年8月11日1856年9月9日
改名 勝之進、千松(幼名)、定穀、勝善
戒名 隆聖院殿故左近衛権少将前隠岐守従四位下仁誉忠穆良温大居士
墓所 東京都港区三田済海寺
官位 従四位下刑部大輔侍従隠岐守左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉家慶家定
伊予松山藩
氏族 島津氏久松松平家定勝
父母 島津斉宣島津樵風養女百十
松平定通徳川斉匡四女貞寿院殿
兄弟 島津斉興、剛之進、島津忠公、職之助、
武五郎、秦之進、島津忠剛、謙次郎、
範之進、清二郎、勝善種子島久珍
夙之丞、信八郎、操姫、隣姫、随姫、
聡姫、郁姫有馬晴姫、寵姫、勝姫
酒井忠器娘鏈酒井忠器娘猶
邦、勝成令姫
テンプレートを表示

生涯編集

薩摩藩主・島津斉宣の十一男として誕生。母は側室の百十(真如院殿)。天保3年(1832年)、松平定通の養嗣子となる。天保6年(1835年)、養父の卒去により松山藩15万石を継承する。間もなく隠岐守に転じ溜間詰に任ぜられる。天保8年(1837年)、大塩平八郎の乱に出兵。同年、12代将軍・徳川家慶の名代として御使に任ぜられ上洛するも、仁孝天皇不予のため拝謁は賜らなかった。天皇の思し召しにより、江戸へ帰館後、左近衛権少将に昇任。

勝善もまた子宝に恵まれなかった。田安徳川家当主・徳川斉匡の子・錦之丞を養子とすることが内定しており、天保8年(1837年)11月25日には正式決定していた。しかし翌天保9年(1838年)に越前福井藩主・松平斉善が突然死去した際、将軍・徳川家慶の意向により錦之丞はそちらの跡取りとされ、勝善との養子縁組話は解消された。この錦之丞がのちの幕末の名君として知られる松平春嶽である。このため勝善は弘化4年(1847年)に先代・定通の娘・令姫を養女とし、讃岐国高松藩主・松平頼恕の六男・増之助(のち勝成)を婿養子とした。

嘉永5年(1852年)、養曾祖父・定国の代に落雷で焼失した松山城本壇が復興され、翌々年には落成式典が盛大に催された。安政3年(1856年)8月11日(8月10日とも言われている)、江戸松山藩邸にて卒去。享年40。

血筋編集

島津家からの養子ではあるが、島津綱貴(斉宣から5世代前の先祖)の生母の真修院が松平定頼(久松松平家3代)の娘というつながりがある。

系譜編集