メインメニューを開く

松平 定温(まつだいら さだはる)は、江戸時代中期の伊予国今治藩の世嗣。官位従五位下主水正駿河守

 
松平定温
時代 江戸時代中期
生誕 享保9年(1724年
死没 宝暦12年4月11日1762年5月4日
官位 従五位下主水正駿河守
伊予今治藩世嗣
氏族 久松松平家定勝
父母 父:松平定郷、母:松平定基娘・遊
兄弟 定温定延、女子
正室:池田仲央娘・輝子
側室:岡
定休、常次郎、幾五郎、富子、遥、鶴、金

略歴編集

5代藩主・松平定郷の長男。

今治藩主の嫡孫として生まれ、元文3年(1738年徳川吉宗に拝謁し叙任する。宝暦4年(1754年)には駿河守に任官するが、家督相続前の宝暦12年(1762年)に39歳で早世した。代わって長男・定休が嫡子となった。

系譜編集