メインメニューを開く

松平 定能(まつだいら さだまさ)は、江戸時代中期から後期の寄合旗本小笠原長恒の次男。

 
松平定能
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 宝暦8年(1758年
死没 天保2年(1831年
改名 侶之允(幼名)→小笠原長氐(初名)→松平定能
別名 貞次郎(通称
官位 従五位下、伊予
幕府 江戸幕府
氏族 高天神小笠原氏久松松平家
父母 父:小笠原長恒、母:前田長泰の娘
養父:松平定則
兄弟 小笠原宗準定能
正室:松平定則の養女(松平定秀の娘)
養子:定規

生涯編集

安永2年(1773年)、松平定則末期養子となって家督を継ぐ。寛政9年(1797年)に西城新番頭に任じられる。甲府勤番在任中の文化2年(1805年)、甲斐国の地誌の編纂を実施した[1]。文化4年(1807年)、西丸小姓組番頭に任ぜられ江戸在勤となるも、編纂は継続された。9年の歳月をかけた地誌編纂の成果は、文化11年(1814年)12月16日に『甲斐国志』として、定能の序文を含む首巻、本文118巻、附録5巻の124巻71冊にまとめられ、幕府に献上された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 清水茂夫、1965、「素堂と濁川開鑿」、『連歌俳諧研究』、俳文学会、ISSN 0387-2947doi:10.11180/haibun1951.1965.17 p. 17

外部リンク編集