メインメニューを開く

松平 康直(まつだいら やすなお、永禄12年(1569年) - 文禄2年10月29日1593年12月21日))は、戦国時代から安土桃山時代の武将。十八松平のひとつ長沢松平家第9代当主。父は徳川十六神将の一人の松平康忠、母は徳川家康の異母妹・矢田姫。娘に蓮姫(徳川家康養女、有馬豊氏室)がいる。

天正18年(1590年)、小田原征伐に参戦し岩槻城を攻撃する。戦後、その戦功により武蔵国深谷1万石と深谷城を与えられるが、1593年に父に先立って病没した。享年25。