松平忠吉

徳川家康の四男

松平 忠吉(まつだいら ただよし)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将大名東条松平家第4代当主・尾張国清洲藩主。

 
松平忠吉
Matsudaira Tadayoshi01.jpg
松平忠吉像(性高院蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正8年9月10日1580年10月18日
死没 慶長12年3月5日1607年4月1日
改名 福松丸(幼名)→忠康→忠吉
別名 尊称:尾張左中将
戒名 広度院殿憲瑩玄伯大居士
性高院殿憲瑩玄白大居士
墓所 東京都港区増上寺
愛知県名古屋市性高院
愛知県豊田市隣松寺
官位 従五位下、下野守、従三位、左近衛権中将・薩摩守
幕府 江戸幕府
武蔵国忍藩主→尾張国清洲藩
氏族 徳川氏東条松平家
父母 父:徳川家康、母:西郷局
養父:松平家忠
兄弟 信康亀姫秀康督姫秀忠忠吉振姫信吉忠輝松千代仙千代義直頼宣頼房
正室:政子(清泉院、井伊直政の娘)
梅貞大童子

徳川家康の四男。江戸幕府2代将軍徳川秀忠の同母弟。徳川四天王の一人・井伊直政の娘婿にあたる。

目次

生涯編集

遠江国浜松城下(現在の静岡県浜松市)に生まれる。天正9年(1581年)、東条松平家の松平家忠が病死すると、その家督を継いで三河国東条城1万石を領し、名を松平忠康と改める(祖父・広忠と父・家康の一字を拝領される)。天正10年(1582年)、駿河国沼津城4万石に転封される。

父・家康が関東へ移封されると、文禄元年(1592年)に武蔵忍城主となり10万石を与えられ、元服して忠吉と改める。

 
関ヶ原の戦いの松平忠吉・井伊直政陣跡(岐阜県不破郡関ケ原町)

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで舅の井伊直政の後見の下、初陣を飾って福島正則と先陣を争い、島津豊久を討ち取るなどの功を挙げる。戦後、尾張国および美濃国で清洲52万石を与えられ左近衛中将にも任官した。

慶長12年(1607年)、関ヶ原の戦いの折に負傷した傷[1]がもとで江戸で死去、享年28。法号は性高院殿憲瑩玄伯大居士。忠吉には嗣子がなく[2]、清洲藩は弟の五郎太(徳川義直)が継いだ。また、同母兄の秀忠はその死を非常に悲しんだといわれている。

人物編集

正しい器量を備えた美男子で人望も厚く、天下の諸侯が忠吉のためには命も惜しくないとこぞってかしずいたという(『武野燭談』)。

補注編集

  1. ^ または悪性の腫れ物。
  2. ^ 慶長2年(1597年)に生まれた唯一の実子・梅貞大童子は生後16日で早世した。このためか、自分の子を可愛いと思えないと言った家臣を追放したという逸話が伝わる。

外部リンク編集