松平忠吉 (桜井松平家)

松平 忠吉(まつだいら ただよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将桜井松平家5代当主。三河国碧海郡桜井城主(愛知県安城市桜井町)。

 
松平忠吉
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 永禄2年(1559年
死没 天正10年6月24日1582年7月13日
別名 通称:與次郎
戒名 本性院殿法誉一岳道隣大居士
墓所 桜井山菩提寺愛知県安城市桜井町)
主君 徳川家康
氏族 桜井松平家
父母 父:松平家次
兄弟 忠正忠吉、忠廣、普厳院(菅沼定盈継室)
多劫姫久松俊勝娘)
信吉忠頼
テンプレートを表示


略歴編集

松平家次の次男として誕生。

天正5年(1577年)に家督を継いでいた兄・忠正が亡くなり、忠正の嫡子・家広はまだ生まれたばかりであったため、兄の正室であった多劫姫徳川家康の異父妹)を妻に迎えて家督を継ぐ。天正9年(1581年)の高天神城攻めや諏訪原の出城を守るなどして軍功を挙げるが、24歳で夭折。その跡は、甥の家広が継いだ。

なお、長男の信吉は、松平信一の婿養子となって藤井松平家の家督を相続し、上野国高崎藩主、次いで丹波国篠山藩主に封じられた。また、次男の忠頼は、家広の死後に武蔵国松山藩主を継いだ。

系譜編集