松平 忠名(まつだいら ただあきら[4][1])は、江戸時代中期の大名摂津国尼崎藩の第2代藩主桜井松平家11代当主。

 
松平 忠名
時代 江戸時代中期
生誕 正徳5年8月6日1715年9月3日
死没 明和3年12月24日1767年1月24日
改名 忠貞[1]→忠名
別名 亀三郎[1](幼名)、与七郎[1]
神号 源忠名朝臣命[注釈 1]
戒名 徳雲院寛誉仁岳道樹[3]
墓所 東京都江東区の霊巌寺[3]
官位 従五位下兵庫頭遠江守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家重家治
摂津尼崎藩
氏族 桜井松平家
父母 松平忠喬戸田忠真
兄弟 忠名忠義喜連川茂氏正室、雲鏡院、松平親純正室、秋江院、安部信平正室
正室宗義誠の娘
側室:久保氏、庄司氏、山下氏
加藤明堯忠告土井利厚脇坂安弘正室、水野勝起正室、五百姫ら
養子:菅沼定用
テンプレートを表示

略歴編集

桜井松平家の尼崎藩初代藩主・松平忠喬の次男として誕生。『寛政重修諸家譜』によれば正徳4年生まれ[5]。ただしこれは幕府に届け出た「公式」の誕生年であり(官年参照)、尼崎藩の資料では正徳5年(1715年)8月6日生まれ[6][注釈 2]

兄の勝千代は早世しており[1]、享保11年(1726年)8月15日に尼崎藩の世嗣として将軍徳川吉宗に御目見した[5]。享保13年(1728年)12月21日、従五位下・兵庫頭に叙任[5]

寛延4年(1751年)3月20日、父の隠居により家督を継承[5]。翌21日に遠江守に遷任[5](「遠江守」は忠喬が名乗っていた官名であり、忠喬は同日に石見守に改めている[1])。同年6月23日、はじめて領地に赴くための暇を賜う[5]

幕命により、朝鮮通信使の接待役を務めている。

寛政重修諸家譜』によれば明和3年(1766年)12月26日に江戸で死去[5]。尼崎藩の資料では12月24日とある[6][注釈 2]。52歳没[6](「公式年齢」では53歳没[5])。跡を3男・忠告が継いだ。

系譜編集

特記事項のない限り、『寛政重修諸家譜』による[5]。子の続柄の後に記した ( ) 内の数字は、『寛政譜』の記載順。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 桜井神社(兵庫県尼崎市)の祭神としての呼称[2]
  2. ^ a b デジタル版 日本人名大辞典+Plusでは、生年月日として尼崎藩史料の正徳5年(1715年)8月6日、没年月日に『寛政譜』の明和3年(1766年)12月26日を採用している[4]
  3. ^ 『寛政譜』では初名の「利和」で記載。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 『寛政重修諸家譜』巻第五、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.29
  2. ^ 櫻井神社”. 古社寺巡拝記. 2021年11月27日閲覧。
  3. ^ a b 山下幸子. “松平忠名”. Web版 尼崎地域史事典. 2021年11月27日閲覧。
  4. ^ a b 松平忠名”. デジタル版 日本人名大辞典+Plus. 2021年11月27日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i 『寛政重修諸家譜』巻第五、国民図書版『寛政重修諸家譜 第一輯』p.30
  6. ^ a b c d 岩城卓二. “藩主の一生”. Web版 図説尼崎の歴史. 2021年11月25日閲覧。

参考文献編集

  • 寛政重修諸家譜』巻第五
    • 『寛政重修諸家譜 第一輯』(国民図書、1922年) NDLJP:1082717/24
    • 『新訂寛政重修諸家譜 第一』(続群書類従刊行会、1964年)

関連項目編集

外部リンク編集