メインメニューを開く

松平 忠堯(まつだいら ただたか)は、江戸時代後期の大名伊勢桑名藩第7代藩主、武蔵忍藩主。奥平松平家9代。

 
松平忠堯
時代 江戸時代後期 - 末期(幕末
生誕 享和元年6月9日1801年7月19日
死没 元治元年8月14日1864年9月14日
改名 鶴松丸(幼名)→忠堯
戒名 大休院殿仙翁道間大居士
墓所 埼玉県行田市埼玉の天祥寺[1]
官位 上野介、民部大輔、下総守、修理大輔、侍従
幕府 江戸幕府
伊勢桑名藩主→武蔵忍藩
氏族 奥平松平家
父母 父:松平忠翼、母:松平忠啓の娘
兄弟 忠堯忠彦小笠原政礼忠国米津政堯
正室:韶子(幸宮、伏見宮貞敬親王女)
養子:忠彦

生涯編集

享和元年(1801年)6月9日、桑名藩主松平忠翼の長男として生まれる。嫡出であったため、家祖松平忠明の幼名である鶴松丸を名付けられた。文政4年(1821年)、父の死去に伴い藩主となり、文政6年(1823年)3月24日には三方領知替えにより、阿部正権の後の武蔵忍藩転封を命じられた。天保3年(1832年)には侍従にあげられる。天保9年(1838年)に弟の忠彦に家督を譲って隠居した。元治元年(1864年)8月14日、死去した。享年64。

脚注編集

  1. ^ 1972年(昭和47年)11月9日・市指定文化財