メインメニューを開く

松平 憲良(まつだいら のりなが)は、江戸時代前期の大名美濃国大垣藩2代藩主、のち信濃国小諸藩主。官位従五位下因幡守

 
松平憲良
時代 江戸時代前期
生誕 元和6年(1620年
死没 正保4年8月13日1647年9月11日
改名 八五郎(幼名)→憲良
別名 忠憲
戒名 高樹院殿月山宗江大居士
墓所 東京都板橋区小豆沢の総泉寺
長野県小諸市荒町の宗心寺
官位 従五位下因幡守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
美濃大垣藩主→信濃小諸藩
氏族 久松松平家
父母 父:松平康元、母:酒井家次の娘
兄弟 忠利梅渓院憲良康尚金田房能室、久姫、佐久間勝友正室、土屋某室
正室永井尚政の娘
娘(松平隆政正室)
テンプレートを表示

生涯編集

元和6年(1620年)、美濃大垣藩の初代藩主・松平忠良の次男(嫡男)として大垣で誕生。寛永元年(1624年)、父の死去により家督を相続する。しかし幼少のため、9月に信濃小諸に移封された。このとき、庶兄・忠利(忠節)小県郡3000石・佐久郡2000石を分知し(祢津知行所)[1]、4万5000石を領した。寛永11年(1634年)12月、従五位下・因幡守に叙位・任官する。藩政では寛永年間に検地を行ない、新田開発や5カ所の寺を開基するなどして治世の安定に努めた[1]

正保4年(1647年)8月13日に死去した。享年28[2]。嗣子がなかったため改易となったが[2]、翌年閏1月20日に弟の康尚が2万石に減らされた上で下野国那須に移封されることで存続が認められた。

脚注編集

注釈編集

引用元編集

  1. ^ a b 塩川『シリーズ藩物語 小諸藩』、P120
  2. ^ a b 塩川『シリーズ藩物語 小諸藩』、P121

参考文献編集