メインメニューを開く

松平 成重(まつだいら なりしげ)は、江戸時代初期の大名下野板橋藩2代藩主、三河西尾藩主、丹波亀山藩初代藩主。一生系大給松平家2代。

 
松平 成重
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 文禄3年(1594年
死没 寛永10年9月16日1633年10月18日
戒名 見樹院殿覚誉円徹大居士
墓所 深川の法禅寺
小石川伝通院
幕府 江戸幕府
主君 徳川家康秀忠家光
下野国板橋藩主→三河国西尾藩主→丹波国亀山藩主
氏族 大給松平家
父母 父:松平一生、母:松平忠成の娘
兄弟 成重、慈照院(日根野吉明正室)、娘(諏訪頼雄室)
正室徳川家康の養女(松平康元の長女)・椿姫
継室:安藤重信の娘
勝広(長男)、忠昭(次男)、一重(三男)、重勝(四男)、近憲(五男)、娘(本多康長正室のち竹山某室)、娘(皆川秀隆正室)、娘(岡本次正室)、娘(木村成政室)

生涯編集

松平一生の長男。母は松平忠成の娘。正室は亀山藩主の時に徳川家康の養女(松平康元の長女椿姫を迎える)である、逝去は寛永六年十一月二一日現在の京都府亀岡市、建平寺改め久松寺に久松院としてある、成重以来 公儀行事、祝事に置ける三つ葉葵紋の使用を認められる、子に松平勝広(長男)、松平忠昭(次男)、松平一重(三男)、松平重勝(四男)、松平近憲(五男)、娘(本多康長正室のち竹山某室)、娘(皆川秀隆正室)、娘(岡本次正室)、娘(木村成政室)、継室は安藤重信の娘

慶長9年(1604年)、父が死去したため、その跡を継いで下野板橋1万石を領した。慶長19年(1614年)、大久保忠隣改易の連座で里見忠義が改易されると、その城受け渡しと破却を務めた。同年冬からの大坂冬の陣では小田原城の守備を、翌年の大坂夏の陣では本戦に参加し、首級を12個挙げたという。

元和3年(1617年)、三河西尾2万石に加増移封された。元和7年(1621年)、さらに2200石加増され、合計2万2200石として丹波亀山に加増移封された。寛永3年(1626年)、徳川秀忠徳川家光父子の上洛に付き従った。

寛永10年(1633年)9月16日、40歳で死去した。家督は次男・忠昭が嗣いだ。法名は見樹院殿覚誉円徹大居士。最初は深川の法禅寺に葬られたが、後に小石川伝通院に改葬されている。