メインメニューを開く

松平 武元(まつだいら たけちか)は、江戸時代中期の大名上野国館林藩、のち陸奥国棚倉藩の藩主。親藩御家門)ながら江戸幕府寺社奉行老中を務めた。越智松平家3代。官位従四位下侍従右近衛将監

 
松平武元
時代 江戸時代中期
生誕 正徳3年12月18日1714年2月2日
死没 安永8年7月25日1779年9月5日
官位 従四位下侍従右近衛将監
幕府 江戸幕府 寺社奉行老中
主君 徳川吉宗家重家治
上野館林藩主→陸奥棚倉藩
氏族 府中松平家越智松平家
父母 父:松平頼明、養父:松平武雅
兄弟 頼永武元遠山友明頼幸
亀井茲胤織田信右正室、松平信友正室
正室:松平忠雅
石井氏娘、種村氏娘
武寛戸田氏教松平忠泰正室、房姫、安藤信成正室、松平忠済正室、
森忠興正室、泰、侶姫ら

略歴編集

常陸国府中藩3代藩主・松平頼明の次男として誕生。

享保13年(1728年)、上野国館林藩2代藩主・松平武雅の養嗣子となり家督を相続、その直後に陸奥棚倉に移封された。稲葉迂齋稲葉正義、稲葉正誼とも)に師事する。延享3年(1746年)に西丸老中に就任し、上野館林に再封される。延享4年(1747年)に老中、明和元年(1764年)に老中首座に就いた。

徳川吉宗家重家治の3代の将軍に仕え、家治からは「西丸下の爺」と呼ばれ信頼された。老中在任時後半期は田沼意次と協力関係にあった。老中首座は安永8年(1779年)死去までの15年間務めた。武元死後は、四男・武寛が家督を継いだ。

年譜編集

日付はすべて旧暦による。

  • 正徳3年(1713年)、誕生。
  • 享保13年(1728年)
    • 7月、松平武雅の継子となる。
    • 9月、養父武雅死去に伴い越智松平家相続。陸奥国棚倉5万4,000石に転封。
  • 享保14年(1729年)12月16日、従五位下右近衛将監に叙任。
  • 元文4年(1739年)9月1日、奏者番に就任。
  • 延享元年(1744年)5月15日、寺社奉行を兼帯。
  • 延享2年(1745年)5月28日、主計頭に転任。
  • 延享3年(1746年)
    • 5月15日、西丸老中(徳川家治付き)となり、上野国館林5万4,000石に国替。右近衛将監に遷任。
    • 9月1日、従四位下に昇叙。右近衛将監は元の如し。
  • 延享4年(1747年)
    • 7月21日、侍従を兼任。
    • 9月3日、西丸老中から本丸老中に転じる。
  • 宝暦11年(1761年)5月16日、老中首座となる。
  • 明和6年(1769年)12月1日、7000石加増、都合6万1000石
  • 安永8年(1779年)7月25日死去。享年67。法名は天韶院勇山。墓所は東京都荒川区東日暮里の関妙山善性寺。

系譜編集