松平 清定(まつだいら きよさだ)は戦国時代武将桜井松平家松平信定の長男。三河国碧海郡桜井城主(愛知県安城市桜井)。

 
松平清定
時代 戦国時代
生誕 不明
死没 天文12年10月3日(1543年10月30日
別名 與一、内膳正
戒名 圓言院殿髟誉祥雄道喜大居士
墓所 桜井山菩提寺愛知県安城市桜井町)
主君 松平清康広忠
氏族 桜井松平家
父母 父:松平信定
兄弟 清定水野信元室、松平親乗室、、
松平康忠継室、織田信光
織田信定娘(信秀妹)
家次松平好景
テンプレートを表示

人物編集

初代当主・松平信定の長男として誕生。

父とともに享禄9年(1529年)の吉田城(愛知県豊橋市)攻め、尾張国品野城(愛知県瀬戸市)攻めに従軍し、戦功を挙げる。父の死後、家督を相続し、2代当主となる。天文9年(1540年)、安祥城陥落後、一時、織田方に与したが、安祥城奪還後は再び松平宗家に帰順した。

天文12年(1543年)10月3日に死去した。享年不詳。墓所は桜井山菩提寺。法名は「圓言院殿髟誉祥雄道喜大居士」。

系譜編集

参考文献編集

  • 寛政重修諸家譜.第1輯』巻第5 國民圖書(1922年出版) 26頁
  • 『家康と松平一族』 安城市歴史博物館編集(2021年発行) P.51~53深溝家