松平直基

江戸時代前期の大名

松平 直基(まつだいら なおもと)は、江戸時代前期の大名越前国勝山藩藩主、同国大野藩藩主、出羽国山形藩藩主、播磨国姫路藩藩主。官位従四位下侍従大和守。前橋松平家の祖。下総結城氏19代当主。

 
松平 直基
松平直基像(孝顕寺蔵)
時代 江戸時代前期
生誕 慶長9年3月25日1604年4月24日
死没 慶安元年8月15日1648年10月1日
改名 五郎八(幼名)、結城直基、松平直基
別名 七郎(通称
戒名 銕関了無号仏性院
墓所 兵庫県姫路市書写の圓教寺
東京都豊島区駒込泰宗寺
神奈川県南足柄市大雄町の最乗寺
官位 従四位下侍従大和守
幕府 江戸幕府
主君 徳川秀忠家光
越前国勝山藩藩主、越前国大野藩藩主、出羽国山形藩藩主、播磨国姫路藩藩主
氏族 越前松平宗家結城氏、前橋松平家
父母 父:結城秀康、母:三好長虎の娘・品量院
兄弟 忠直忠昌喜佐姫直政、吉松、直基直良、呑栄
正室布連本多富正の娘)
側室:堀氏
直矩
養女:縁(天真院)(内藤信良
テンプレートを表示

生涯 編集

慶長9年(1604年)3月25日、結城秀康の五男として北庄城で誕生[1][2]。母は三好長虎越前守)の娘・品量院[3]。誕生時より、越前国片粕で、養祖父・結城晴朝に養育される[4]。この頃、結城五郎八といった[5]

慶長12年(1607年)に結城家の家督を相続した。慶長19年(1614年)7月20日、晴朝が死去したため[5]、その隠居料である5千石を相続する。元和元年(1615年)、越前国勝山で1万石を与えられる[2]。同5年(1619年)、従五位下大和守となる[2]

寛永元年(1624年6月8日、越前国勝山藩3万石となる。直基により、同年、菩提寺として品量山大蓮寺日蓮宗)が建立された[3]。同2年(1625年)には浄光院法栄寺浄土宗)が建立された[6]

寛永3年(1626年)8月19日、従四位下(大和守)となり[2]、結城を改めて松平を名乗る[5]。これは親藩・譜代としての扱い(結城氏の場合は外様扱いとなる)を受けるべくの対応で、名字こそ松平になったものの、家紋は結城家の結城太閤桐から変えず、結城家の祭祀を継承した。兄・忠直より偏諱を受け、直基を名乗る。

寛永12年(1635年[注 1]11月22日、越前国大野城5万石に加増・移封された[5](大野藩)。

正保元年(1644年)1月11日[注 2]山形城15万石(一説に10万石)に移る[5](山形藩)。同2年(1645年)12月30日、侍従に任じられる[2]

慶安元年(1648年6月14日姫路城に移る[5][2](姫路藩)。

同年8月15日、江戸で死去した[5][2]。45歳[5][2]相模国小田原最乗寺に葬られた[2]。法名は銕関了無号仏性院[2]

子・藤松丸が家を継ぎ、慶安2年(1649年)6月9日、越後国村上城村上藩)に移った[5]

系譜 編集

墓所 編集

書写山圓教寺 編集

書写山圓教寺に直基の墓所がある。圓教寺の案内図などにある松平家廟所というのはこの墓所を指していると思われる。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ 「松平家史料」では寛永15年のこととしている[2]
  2. ^ 「松平家史料」では、同年3月15日「封出羽山形食十五万石」としている[2]

出典 編集

  1. ^ 新井 1977, p. 21.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 大野市史編さん委員会 1985, p. 163.
  3. ^ a b 勝山市 2000, p. 325.
  4. ^ 新井 1977, pp. 21–22.
  5. ^ a b c d e f g h i 新井 1977, p. 22.
  6. ^ 勝山市 2000, p. 335.

参考文献 編集

関連項目 編集

外部リンク 編集