メインメニューを開く

松平 直春(まつだいら なおはる)は、江戸時代後期から末期の大名越後糸魚川藩の第6代藩主。福井藩越前松平家分家8代。

 
松平直春
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 文化7年9月19日1810年10月17日
死没 明治11年(1878年6月22日
戒名 至誠院
墓所 東京都府中市多磨町多磨霊園
官位 従五位日向守、出雲
幕府 江戸幕府
越後糸魚川藩
氏族 越前松平家
父母 父:松平直益、母:松平直泰の娘
正室:熊姫佐竹義知の娘)、側室:田辺氏
直廉、釣(松平直静正室)、安屋(松平直静継室)、謐(阿部正弘正室・松平慶永の養女)、娘(前田某正室・後に田村某正室)
養子:直静

生涯編集

文化7年(1810年)9月19日、第5代藩主・松平直益の次男として生まれる。

文政9年(1826年)9月14日、父の隠居により跡を継ぐ。天保4年(1833年)、日光祭礼奉行に任じられた。安政4年(1857年)5月24日、四男の直廉に家督を譲って隠居したが、安政5年(1858年)に直廉が茂昭と名を改め本家の福井松平家を継いだため、明石松平家から直静を養子に迎えて糸魚川藩を継がせ、自身は幼少の直静に代わって藩政をとった。明治5年(1872年)に東京へ移っている。

明治11年(1878年)に死去した。享年69。